Nov 25

“Of course, I couldn’t speak fluently right off the bat. It took a lot of study.” 「もちろん、最初めから流暢に喋られたわけではありません。たくさん勉強したからです。」

Off the batとは「すぐに」「最初から」の意味です。ベースボールやクリケット、選手がバットでボールを打つゲームを想像してみて下さい。他のプレイヤーはボールをキャッチするために走ったり、次のベースに向かったり、すぐに反応しないといけません。ボールがどの方向に飛んでいくかがわからないので、バットにボールがあたるまでは反応できません(それもボールを打つのに成功すればの話です)。ボールが飛んでいく瞬間がすべての始まりです。

“Off the bat” means “immediately” or “at the very beginning”. Think of baseball or cricket, sports where a player hits a ball with a bat. The other players must react quickly, running to catch the ball or get to the next base. They can’t react before the bat hits the ball, because they don’t know which direction it will go (if the player even hits the ball). The instant when the ball goes flying is the start of the action.

Tagged with:
Nov 18

“Is everybody on board the boat?” 「みんなボートに乗った?」

“All aboard!” 「みんな乗って!」

船に乗っている人はon boardかaboardと言います。

If someone is on a boat, we say they’re “on board” or “aboard”.

“I’m on board with that plan.” 「その計画に賛成だ。」

「賛成」という意味でも同じ単語を使います!

We can also use “on board” to mean “in agreement”!

Tagged with:
Nov 11

“Into every life, a little rain must fall.” 「どの人生でも多少雨が降らないといけません。」

「Into every life some rain must fall」は1800年代にアメリカ人の詩人ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローによって書かれた詩の一節です。この有名な言葉は、誰にでも悪いことが起こるという意味でよく使われています。誰だってHappy続きの人生は送れません。もちろん、雨よりお天気が多い方を願いますけどね。

“Into every life some rain must fall” is a famous line written by Henry Wadsworth Longfellow, an American poet, in the 1800s. The phrase has become well-known and is used to say that bad things happen to everyone sometimes; nobody’s life is all happiness. Of course, we hope to have more sunshine than rain.

Tagged with:
Nov 04

“I just happened to look up at the moment he walked by.” 「たまたま彼が通り過ぎる瞬間に見上げた。」

“Oh, so you just happened to be in the kitchen at the time the cookies went missing?” 「では、クッキーが消えた時点に台所にあなたがいたのが偶然だというの?」

完全に偶然だと示すために動詞の前にjust happened toをつけます。その瞬間に見上げた理由はまったくありません。偶然にそうなっただけです。

We use “just happened to” before a verb to show that something was a complete coincidence. There was no reason that I looked up at that moment. It just happened that way by chance.

Tagged with:
Oct 28

“A bird in the hand is worth two in the bush.” 「手中にある一羽は芝生にいる二羽の鳥と同じ価値。」

野鳥を捕まえることは難しいです。一羽でも捕まえたなら上出来です。まだ芝生にたくさんの鳥がいて、すべてを捕まえることは不可能かもしれません。同時にあと二羽を捕まえようとすると、手の中にいる一羽を逃がしてしまうかもしれません。「a bird in the hand」というフレーズで、高く望みすぎて既にできたことを台無しにしないようにという忠告です。

It’s hard to catch a wild bird. If you’ve already caught one bird, you’ve done a pretty good job. There are many more birds out there, but it might not be possible to catch them all. If you try to catch two more birds at once, you might let the bird you have caught escape. We say “a bird in the hand is worth two in the bush” to warn against being too ambitious and undoing the progress you’ve made.

Tagged with:
Oct 21

“I’m in the mood for pizza tonight. Let’s order delivery.” 「今日はピザが食べたい気分。デリバリーで注文しよう。」

“I’m not in the mood for an action movie. Can we watch something else?” 「今はアクション映画を観る気分じゃないから別のものにしていいか?」

アクション映画が大好きだけど今日はなんだかそんな気分ではない。もしくは、アクション映画が苦手であまり観ない、そして今日は苦手なものに挑戦する気分ではない。どちらの場合でも「I’m not in the mood」と言って伝えることができます。

Maybe you like action movies, but you just don’t feel like watching an action movie today. Or maybe you don’t like action movies that much and only watch them occasionally, and today is not one of those occasions. Either way you can express this by saying you’re “not in the mood” for an action movie.

Tagged with:
Oct 14

“They had a lot to catch up on. They were talking up a storm all evening.” 「久しぶりに会って、ディナーの時間中ずっとしゃべり通していた。」

“I think she’s really sick. She was coughing up a storm.” 「彼女は重い病気だと思う。いっぱい咳をしていた。」

“I thought he would be shy, but he danced up a storm at the party.” 「彼はシャイだと思ったけどパーティーでは踊りまくっていた。」

動詞の後にup a stormをつけると、「何かをたくさんした」「勢いよくした」と表現することができます。

You can add “up a storm” after different verbs to say someone did something a lot, or with great enthusiasm.

Tagged with:
Oct 07

“They all spoke at once, and I couldn’t understand them.” 「一斉にしゃべったから何を言ったか聞き取れなかった。」

“I must call him at once and tell him the news!” 「すぐに彼に電話してお伝えしなくては!」

「At once」は同時に複数のことが起きた時などに使います。(一つ目の例文「皆が一斉にしゃべる。」)「今すぐ」「直ちに」という意味もあります。(二つ目の例文「すぐに電話をする」)

“At once” can mean that many things happened at the same time (everyone speaking, in the first example). It can also mean “right away” or “immediately” (“I will call him right now”, in the second example).

Tagged with:
Oct 01

“Why didn’t you call the restaurant ahead of time?” 「なんで前もってレストランに電話しなかったの?」

“It’s not my fault. John was supposed to do it.” 「私のせいじゃないよ。ジョンがやるべきだった。」

“You’re just passing the buck!” 「責任から逃れようとしないで!」

「Passing the buck」とは責任や責められることを他人に転嫁して自分が逃れるという意味です。アメリカのトルーマン大統領の有名な台詞「The buck stops here」は「それをしない」という意味でした。大統領として決断してその責任をとると言っていました。Buckという言葉には色々な意味がありますが、この場合は(トランプで遊ぶ)ポーカーが由来です!

“Passing the buck” means transferring blame or responsibility to someone else. American president Truman famously said, “The buck stops here,” to mean he would not pass the buck to anyone else; he would make decisions as president and take responsibility for them. The word “buck” has many meanings, but this phrase originally came from the game of poker!

Tagged with:
Sep 23

“The cat distracted me while the dog stole my lunch from the table. They were in cahoots this whole time!” 「猫に気を取られている隙に犬がテーブルの上からランチを盗んだ。実は協力してたんだな!」

“He reported it to the police, but the police chief was in cahoots with the gang.” 「警察に報告しましたが、警察署長はマフィアと協力関係にありました。」

“The man who distracted me while my wallet was stolen turned out to be in cahoots with the pickpocket!” 「財布盗まれたときに気をひいていた男性は結局スリと協力していたんだ!」

二人以上が秘密に協力をしているときはin cahootsと言えます。普段は悪いことをする目標の場合に使います。

If two (or more) people are “in cahoots”, they cooperate in secret, usually to do something bad.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: