Jul 10

korien_july10“Don’t judge a man until you’ve walked a mile in his shoes.” 「他人を判断する前にその靴を履いて一マイルを歩かなければいけない。」

「Walking in someone else’s shoes(他人の靴を履いて歩く)」というのはその人の視点から人生や世界を経験するという意味です。他人を理解する為にはその人の人生をしばらく送らなければわからないという考えです。

Walking in someone else’s shoes means to experience life and the world from that person’s perspective. The idea is that you must live the person’s life for a while in order to understand them.

Tagged with:
Jun 26

korien_june26“Oh, she’s so fluffy! Is she a Persian?” 「あら、ふわふわしていますね!ペルシアンですか?」
“No, she’s just a run-of-the-mill mixed breed cat.” 「いいえ、そこらへんにいる雑種猫ですよ。」
“Oh? Well she’s still very cute!” 「そう?でもすごくかわいい!」

「Run-of-the-mill」なものは特別ではない、目立たないものという意味です。Millとは工場です。(特に小麦を小麦粉に挽く場所。)そこで作られるものは皆一緒、大差がなくどれも目立ちません。

Something that is run-of-the-mill is not very special and doesn’t stand out much. A mill is a factory (especially one that grinds wheat into flour). The things it makes are all the same. None of them are very different or stand out.

Tagged with:
Jun 12

korien_june12“What’s that word? Oh, I can almost remember. It’s on the tip of my tongue!” 「なんというんだっけ?ああ、思い出せない!舌の先にあるんだ。」

絶対知っているけどあとちょっとで思い出せない単語、名前などなどの情報は「on the tip of your tongue」と言います。言えそうなのに言えません。あとで思い出して「あ!やっぱり!」というでしょう。

When you can’t quite remember a word, name or other fact, you can say it’s “on the tip of your tongue”. You can almost say it, but not quite. You will probably think of it later and say, “I knew that!”

Tagged with:
May 29

korien_may_29“I know you’re looking forward to getting the package you ordered, but don’t sit by the post box waiting for the mailman. You know what they say: A watched pot never boils!” 「注文した品が届くのが楽しみだとわかってるけど、ポストの隣でずっと郵便屋さんを待つんじゃないよ。見られているケトルは沸かないというでしょう?」

 

ケトルでお湯を沸かすときは数分かかります。座ったままお湯が沸くまでケトルをにらんでいると、その時間が長く感じられます。待っている間に他のことをすると、そんなに長く感じません。「見られているケトルは沸かない」ということわざがその長く感じる現象を表しています。

 

It takes a couple minutes to boil water in a teapot. If you sit and look at the pot until the water boils, it feels like it takes a long time. If you do something else while you wait, it doesn’t feel like a very long time. We say “a watched pot never boils” because it feels like it takes such a long time!

Tagged with:
May 15

korien_may15“It’s about five miles as the crow flies.” 「まっすぐ行けば5マイルくらいだ。」

移動しているとき、普段道路を行かなければなりません。何かへの距離が5マイルだとしても、道路がまっすぐそこに向かわない場合は5マイル以上の距離を走ることになってしまいます。道が曲がったり、ある道を通ってから別の道で別の方向に行く必要があったりします。カラスなら、まっすぐ跳べますので、「カラスが飛ぶように」という距離はまっすぐ行けばの距離です。

When traveling, we usually have to follow roads. If something is five miles away, we might have to cover more distance than five miles, because the roads don’t go straight there. The road might curve, or we have to go in one direction and then turn onto a different road going in another direction. A crow can fly in a straight line, so the distance “as the crow flies” is the actual distance in a straight line.

Tagged with:
Apr 17

korien_april17“How was the concert?” 「コンサートどうだった?」
“It was okay. Nothing to write home about.” 「まあまあ。実家に手紙を送るほどでもない。」

このイディオムでは、もしすごくて素晴らしいことがあったら家族に手紙で知らせるという前提です。例えば、すごく気に入った映画、コンサートを観たら、小説を読んだら、その素晴らしさを親に手紙(メール?)で報告します。でもこのコンサートはまあまあだったので、そこまで特別ではないので、手紙を出す必要はありません。

The idea of this idiom is that if something incredible and amazing happened, you would write home to tell your family about it. For example, if you saw a movie or concert or read a book and really liked it, you would send a letter (or perhaps an email) to your parents to tell them how great it was. But the concert was just okay, nothing special, so you don’t have to write home.

Tagged with:
Apr 03

korien_april3頑張っているのになかなか前進できないときに、「一歩進んで、二歩下がる」と言います。やっとのことで少し成功したら、新しい問題が出てきて前より悪い状態になってしまう。

When we are trying hard but we can’t make any progress, we say we take “one step forward and two steps back”. Even if we make a little progress (one step forward) we encounter a new problem and are worse off than before (two steps back).

Tagged with:
Mar 20

korien_mar20“Can you open this jar?” “I’ll give it a shot.”
「この瓶開けてくれない?」「やってみる。」

“I can’t solve this math problem.” “I’ll take a shot at it. Show me.”
「この数学の問題が解けないんだ。」「やってみる。見せて頂戴。」

Shotを「試し」「試み」という意味で使うことがあります。もともとは銃で「撃ってみる」と言っていたのでしょうが、今はどのような行動にでもメタファーとして使えるようになっています。

Sometimes we use “a shot” to mean “a try”. It probably started with people talking about shooting at a target with a gun, but now it can be a metaphor for any kind of action.

Tagged with:
Mar 06

korien_mar6“Should I go out today? It would be nice to take a walk in the park. On the other hand, I’m pretty tired. It’s been a busy week.” 「今日は出かけようか?公園で散歩したら楽しいだろうな。でも実はかなり疲れてるんだ。今週忙しかったもんね。」

On the other handは二つ目の事、今言っていた事と別の事を選ぶ理由を紹介するのに使うフレーズです。選択肢を手に取ったと想像しましょう。まずは一つの選択肢を見て、それからは「もう片方の手」を見ます。結局こっちのほうがいいかな?と判断をするためです。

We use “on the other hand” to introduce a second option, or a reason to choose a different option than the one that has been mentioned. Imagine holding the options in your hands. First you look at one, and then you look at the one in the other hand, to think about whether it might be better after all.

Tagged with:
Feb 20

korien_feb20“She’s really shy, but her sister is so outgoing. They’re like night and day.” 「彼女はシャイなのに彼女の姉妹は外交面的。まるで昼と夜だね。」
“My cat is so much happier since we gave him a cat tree. It’s like night and day.” 「キャットタワーを与えたら猫が前よりすごく楽しそう。まるで昼と夜の違いみたい。」

ふたつのことがとても違う、もしくは真逆であることを「night and day」を使って表します。一つ目の例文では、姉妹なのに性格がとても違う女の子を比べます。二つ目の例文では同じ猫をある出来事の前後の状態を比べます。

When two things are very different, or complete opposites, in some way, we compare them to “night and day”. In the first example, we compare two girls whose personalities are very different even though they’re sisters. In the second example, the same cat is very different before and after a certain event.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: