3月 16

16_Mar年度末。毎日残業で大変な方、多いのではないでしょうか?そんなときのフレーズの紹介です。すごく忙しくて残業が続いているときは、Work Like a Dogがぴったりですね。意味は「がむしゃらに働く」「あくせく働く」「働き詰め」って感じでしょうか。他にWork Like a Horseもありますよ。

Tagged with:
3月 02

2_Mar卒業式の練習をしている小学6年生の皆さんは、先生に「静かにしなさい」とか「静かに!」って言われてるでしょうね。今日は「静かにする」という表現、Quiet as a Mouseです。

子供や若い人向けに使うようで、「借りてきた猫のようにおとなしい」って意味もあります。

例文:They were as quiet as a mouse. 「彼らは静かにしていました」

Tagged with:
2月 23

23_Feb大好評につき動物シリーズ続けますね。今週はお猿さん、Cheeky Monkeyです。Cheekyはイギリスでよく使う単語です。「生意気な」という意味ですが、ネガティブな意味ではありせん。おませな子供や生意気なことを言う子供に対して Cheeky Monkey「生意気な子、生意気な奴」と呼んだりします。使ってみてくださいね。

Tagged with:
2月 16

16_Feb今週も動物シリーズです。Dogを使った表現もたくさんありますが、今日はコレ、Dog Tiredです!意味ですが何となく想像できますよね。元気で疲れ知らずのワンコがTiredなので、

「疲れ果てた」「へとへと」「くたくた」って意味です。もう覚えましたね!

I’m dog tired. 「僕、もうヘトヘト」って感じで使ってね。

Tagged with:
1月 20

korien_jan20“The accident sparked a debate about the current safety measures.”

A spark can start a fire. (Perhaps you’ve seen someone start a fire by striking two pieces of flint together to make a spark.) In this phrase, something starts not a fire but a debate. We talk about debates with some of the same language as fire: A debate rages. A debate can be heated.

「その事故が現在の安全対策についての討論を引き起こした。」

火花から火が起きることがあります。(火打石で火花を出して火をつけるのを見たことがあるかもしれません。)このフレーズでは、火ではなく討論が起きます。討論は火と同じ言葉を使って表現されます。「激しく燃える」とも「怒る」とも受け取れる「rage」。討論も「熱く」なります。

Tagged with:
1月 13

korien_jan13“I realized I had left my keys inside. Then I felt a raindrop. The sky was gray and cloudy. I said to myself, this is going to get worse before it gets better.”

This phrase can be heard when a bad situation appears to be getting worse. However, it also includes hope that the problem will eventually be solved, even if it is difficult and unpleasant in the meantime.

「鍵を中に忘れたと気づき、さらに雨が降りそうな気がした。空は灰色で曇っているし。これは良くなる前に悪い方向にすすむな、と思った。」

あまり良くない状況がさらに悪化しそうになるとよく使うフレーズです。ですが、しばらくは難しくて不愉快でもいつかは問題が解決されるという希望もこのフレーズに入っています。

Tagged with:
1月 06

korien_jan6“I had my vacation planned out, but some problems cropped up at the last minute.” To “crop up” is to appear without warning. This phrase is often used with problems or difficulties, but other things can crop up, too: “Protests against environmentally unfriendly policy cropped up among the students.” “The app was not popular, but then interest cropped up in an unexpected group.”

「バカンスの予定が完璧だったんだけど最後の最後で色々な問題がおきた。」 「Crop up」とは急に現れることです。問題によく使いますが、他のものもできます。 「地球に悪いポリシーに反対するデモが生徒の中で現れた。」 「アプリは不人気だったが、急に期待しないグループが興味を持ちだした。」

Tagged with:
12月 17

korien_dec17“I’ll stop at the store for milk on the way home.”

“Can you stop at school on the way to work and get my homework for today?”

“The train bound for Osaka stops at Kyoto.”

This is a useful phrase when you go somewhere for a short time on the way to somewhere else. Instead of just going past, you stop there, but soon continue on your way to your real destination.

「帰りに牛乳を買いに店に寄る」

「仕事に行くとき、学校に寄って今日の宿題もらって来てくれる?」

「大阪行きの電車は京都に停まります」

どこかへ行く途中にちょっと寄ったり、停まったりする時に役立つフレーズです。通り過ぎるのではなく、とまって、すぐまた本来の目的地に向かう行動です。

Tagged with:
12月 10

korien_dec10“Rub the sunscreen into your skin.”

 

“Rub it in” means to rub a liquid onto a surface until it is absorbed. But we often use this phrase to mean drawing attention to someone’s failure.

 

“You failed the math test?”

“Yes.”

“After you studied all night? Your sister got 100% without even studying.”

“You don’t have to rub it in.”

 

「肌に日止めをしっかりぬります」

 

「Rub it in」とは、表面に液体が吸収するまでマッサージするように塗ることです。でも、人の失敗に注目を浴びせるようなことを言う時に度々このフレーズが使われます。。

 

「数学のテスト、不合格だった?」

「うん」

「徹夜で勉強したのに?妹は勉強せずに満点だった」

「そう傷口をえぐるなよ~」

Tagged with:
12月 03

korien_dec3“After the baby alligators hatch, they must fend for themselves.”

Mother alligators watch over their eggs until they hatch, but don’t take care of the baby alligators after that. The babies must fend for themselves. This means to take care of oneself without protection or guidance.

「ワニの卵が孵ったら、ワニの赤ちゃんは自分で自分の身を守らないといけません。」

母のワニは孵るまで卵を見守るのですが、孵った後は赤ちゃんのワニの面倒を見てくれません。赤ちゃんのワニは「fend for themselves」。これは案内も守りもなく自分のことを自分ですることです。

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: