6月 30

“Don’t try this at home!” is something performers or announcers say when they show a trick that would be very dangerous if not performed by a professional. It is dangerous for children to attempt to recreate things they see on television, such as jumping off a tall building, or at the circus, such as knife-throwing. The Japanese equivalent is “Good children, please don’t imitate this!”

「お家ではやらないでください!」は役者やアナウンサーが、一般人が行えば危険な芸当などを見せるときに言います。子供が、テレビで見るようなビルの上から飛ぶ人やサーカスでナイフを投げる人のマネをしたら危ないです。日本語で言えば「良い子はマネしないでください」になります。

Tagged with:
6月 29

The new factory had a negative affect on the surrounding forest.

上の文のどこが間違っていますか?

A. factory
B. negative
C. affect
D. surrounding

新しい工場が回りの森に悪い影響を与えました。ここは「効果、影響」という意味の「effect」がよく似た単語「affect」になってしまっています。ネイティブスピーカーでもする間違いです!普段は「effect」が名詞で「affect」は動詞ですので、「had」の目的語としては名詞の「effect」が正しいです。

Do more TOEIC practice here!
ここでもっとTOEICの練習をしましょう!

Tagged with:
6月 28

June 28 is Paul Bunyan Day. Paul Bunyan is an American folk tale. He was a giant lumberjack. They say he created the Grand Canyon with his axe. That’s how big he was. His pet was a giant blue ox named Babe. He carved Babe from a mountain so he wouldn’t be lonely. There are many stories of their adventures.

6月28日はポール・バニヤンの日です。ポール・バニヤンはアメリカの先祖伝承の民話です。彼は巨大な木こりでした。斧でグランド・キャニオンを作ったと言われています。それほど彼は大きかったのです。ペットはベーブという巨大な牡牛でした。ポールは寂しくないように、山を掘り刻んでベーブを作りました。彼らの冒険についてのお話は沢山あります。

Tagged with:
6月 27

“When I talk to my dog, he only hears ‘blah blah blah walk!’”

“Blah blah blah” is the sound of boring or unintelligible speech. If a teacher gives a very boring or confusing class, her students might say, “She was just going blah blah blah!” They don’t remember what she said because it was boring or difficult.

Dogs don’t understand many words of English, but they often understand words that are important in their lives. Your dog may understand you if you say, “Let’s go on a walk!” But since your dog only understands the word “walk”, to him it sounds like “Blah blah blah walk!”

「うちの犬に話しかけるとき、blah blah blah お散歩!と聞こえているね。」

「Blah blah blah」は退屈な、または意味をなさない言葉の音です。先生の授業が退屈、またはわかりにくいとき、生徒が「先生がblah blah blah 言ってたな!」というかもしれません。先生が言っていたことがつまらなかった、もしくは難しかったから、生徒の頭に入りませんでした。

犬は英語の単語があまりわからないが、犬の生活にとって大事な単語がわかる犬も多いです。大事な単語をわかる犬も多いです。犬に「お散歩にいきましょう!」とよびかけたら、意味がわかるかもしれません。でも「お散歩」という単語しかわからないので、犬にとっては「Blah blah blahお散歩!」に聞こえます。

Tagged with:
6月 26

The toothbrush was invented on June 26 in the year 1498. A toothbrush is a tool we use to brush our teeth. Before toothbrushes, people used things like sticks and feathers to clean their teeth. Keeping our teeth clean is important for our health. Some people brush their teeth after every meal. Others brush once or twice a day. How often do you brush your teeth? Do you floss?

歯ブラシは1498年6月26日に発明されました。歯ブラシは歯磨きのための道具です。歯ブラシがある前は、人々は木の枝や羽を使って歯を磨きました。歯を綺麗な状態で保つのは健康のために大事なことです。必ず食事後に歯を磨く人もいれば、一日一回や二回歯を磨く人もいます。あなたはどうですか?デンタルフロスは使いますか?

Tagged with:
6月 25

This is one sign you will not see in Australia. It is a picture of a child on a sled and it either tells people not to sled in this area, or tells drivers to look out for people sledding in this area. The vast majority of land in Australia sees no snow, therefore there is no need for this kind of warning sign!

そりに注意

この路標はオーストラリアでみることはありません。子供がそりに乗っている絵が描いてあって、ここではそり禁止、もしくは車を運転する際にそりに注意、という忠告です。オーストラリアのほとんどの領域では雪がまったく降らないので、このような警告標識を必要としません。

Tagged with:
6月 23

Sometimes in life, we don’t know which choice is the best. It is usually easier to judge choices in the past, because we know the outcome of the choice that was actually made. Sometimes we have more information now than we did at the time we made the choice. We express this in the proverb “Hind sight is 20/20.” “Hind” is similar to the word “behind,” and in this case it means “the past.” “20/20” is the score a doctor gives you if you have perfect eyesight. If your sight is 20/35, you probably need glasses.

人生では、どの選択肢が一番いいかわからないときがあります。大抵の場合、過去に選択した中から判断するのが簡単です。なぜなら、その選択した結果は既に知っているからです。あるときは、選択したときより今のほうが沢山の情報を持っています。これは「後ろを向けば完璧な視力」ということわざで表現します。「Hind」は「behind」に似ていて「後ろ」という意味で、ここは「過去」を表します。「20/20」は視力のテストで完璧とされている視力です。視力が20/35だったら、メガネが必要かもしれません。

Tagged with:
6月 22

Everyone went to the party ______ Jake.

A. excess
B. except
C. accept
D. access

ジェイク以外は皆パーティーに行きました。これは「以外」の意味を持つ単語の綴りはどれが正しいですか?答えはBです。

Do more TOEIC practice here!
ここでもっとTOEICの練習をしましょう!

Tagged with:
6月 21

Challenge: Another translation of 頑張って or 頑張っています。In English, challenge is mainly used in one of two ways. We would say, ‘I challenge you to a game of tennis,’ meaning I want to play you at tennis (because I want to beat you.) This is now somewhat old-fashioned. More often these days, we use challenge to describe something that is difficult, or difficult yet rewarding, e.g. ‘My new job is a bit of a challenge.’ チャレンジ is Japanese.

日本語ではチャレンジは「頑張って」や「頑張っています」という意味で使われます。英語の「challenge」は主にふたつの使い方をします。「テニスであなたにチャレンジします」と言って、(相手を倒したいので)テニスで勝負を申し込む。今では少し古風です。近頃ではよく「challenge」を使って、難しいこと、または難しいけどやり甲斐のあることを表します。例えば、「新しい仕事は少しチャレンジです。」カタカナのチャレンジはやはり日本語です。

Tagged with:
6月 20

“How much do I owe you for the coffee, Bill?” “Don’t worry about it, Bob. It’s on the house.”

If someone gives you something for free, it’s “on the house.” The “house” (the restaurant or café) pays for it for you.

In the dialogue above, the Bob calls Bill by his first name. This suggests they are friends. Bill owns the café where Bob had coffee, but Bill does not charge Bob for the coffee because of their friendship.

「コーヒーはいくらだ、ビル?」「気にするな、ボブ。タダにしてやる。」

無料で何かをくれるとき、それは「on the house」です。ハウス(レストランやカフェ)がおごってくれます。

上の会話では、ボブがビルを名前で呼びます。これで友達だとわかります。ビルはボブがコーヒーを飲んでいるカフェのオーナーですが、仲が良いのでボブにコーヒーをおごります。

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: