3月 31

korien_mar31_pixabayWhat’s English for a plastic bandage you can put on a small cut? Not Band-Aid—that’s a brand name. It’s just so popular that many people don’t know any other name for that kind of bandage.

This has happened to many brands. Kleenex has become a word for any facial tissue. Xerox can be used to mean “copy”. Some people call any soda by the name Coke. Velcro is actually only one brand of “magic tape”, but there’s no other word to describe it clearly and quickly.

英語で「ばんそうこう」はどう言いますか?Band-Aid(バンドエイド)ではありません。それはブランド名です。バンドエイドという言い方に慣れていてばんそうこうという名を知らない人が多くいます。

他のブランドでもこのようなことがあります。ティッシュはなんでもKleenexと呼びます。Xeroxは「コピーをとる」という動詞としても使えます。いろいろな種類の炭酸水をCokeと呼ぶ人がいます。日本語で言うマジックテープはVelcro以外に呼び名がありません。実はブランド名ですが、他に通じる呼び方はありません。

Tagged with:
3月 30

korien_mar30_pixabay“He used to work in the mail room, but now he’s a senior manager. He’s really come up in the world.”

 

In the world there are many positions and jobs. Those with more power, prestige or money are considered “higher” so as you gain more power or a better job, you move “up”. When someone has a lot more power or prestige than they used to, we say they’ve “come up in the world”.

 

「前は郵便室担当だったのに今はシニア・マネジャーだ。本当にえらくなった。」

 

世界にはたくさんの仕事や立場がありいます。権力、地位、お金が多いのは「上」とされていますので、もっと良い地位や仕事につくと「上に上がっていく」ことになります。前と比べてとても良い地位や仕事にいる人は「come up in the world」と言います。

Tagged with:
3月 29

korien_mar29_pixabay“Don’t forget to breathe.”

“It was really scary. I couldn’t breathe!”

It can be easy to confuse the spelling of “breathe” and “breath” (a noun, as in “Take a deep breath”), because the letters “eath” make the same vowel sound as in “breathe” in words like “wreath”. Take them as a pair and remember that “breathe” (the verb) has a long E sound and an E on the end. Usually an E after the last consonant makes the vowel long (like in “delete” vs. “let”).

 

「息するのを忘れるな!」

「息ができなくて怖かった!」

 

「息する」のbreatheと「息」のbreath(「深く息をしてください」に出る名詞)の綴りは間違いやすいです。”breathe”にある”eath”のつづりは”wreath”のように「イ」の音を作ります。“breath”と”breathe”とを見比べてみましょう。動詞の”breathe”は最後の子音のあとにEがあり、長いEの音になります。普通、最後の子音のあとにEがくると母音の音が長くなります。(“delete”と”let”のように)。

Tagged with:
3月 28

korien_mar28_pixabayA baby chicken is called a chick. Yesterday was Easter. Chicks are associated with Easter and spring because they hatch from eggs and symbolize new life.

鶏の子供はひよこと言います。昨日はイースターでした。ひよこは卵から産まれ、新しい命をイメージさせるので、ひよこはイースターや春と関連付けられています。

Tagged with:
3月 26

korien_mar26_pixabay“Stay back! I have a knife!”

“Stay back! There’s broken glass on the floor. Don’t come in here until I clean it up.”

In movies, people often tell monsters or other scary creatures to “stay back!” This is an urgent command not to come any closer. Fortunately we don’t need it for this very often in real life because we aren’t attacked by giant spiders on our way to work. However, you can also use it to warn people away from something dangerous.

「来るな!ナイフ持ってるぞ!」
「来ないで!床に割れたガラスがあるから、掃除が終わるまで入ってこないで。」

映画でモンスターなど怖いものに「来るな!」と言います。それ以上近づかないよう、強い命令です。日常では通勤中に巨大蜘蛛に襲われたりはしませんのでそのような使い方はあまり必要ありませんが、誰かを危ないものに近づけないという警告としても使えます。

Tagged with:
3月 25

korien_mar25_pixabay“I really admire her work and look up at her as a person.”

Find the mistake.
A. admire
B. her work
C. look up at
D. as a person

「彼女の作品が大好きで人としても憧れています。」

誰かに憧れるとはその人が自分より上にいると考えられます。上を見上げてその人を見るようなイメージです。これは決まったフレーズですので、look up atではなくlook up toと言わなければいけません。

Tagged with:
3月 24

korien_mar24_pixabayPots and pans are containers used for cooking and usually made of metal. The difference between a pot and a pan is that a pot generally has two handles, while a pan has one handle. Both are usually round or cylindrical in shape. Of course, there are exceptions. For example, a bread pan isn’t round and has no handle.

 

Pot(鍋)もpan(フライパンなど)も普段金属で作る料理に使う器です。違いは、大体potには取っ手が二つ、panにはひとつあります。どちらも丸いか円柱の形です。もちろん例外はあります。たとえば、パンのための器はbread panと言いますが丸くないし取っ手もありません。

Tagged with:
3月 23

korien_mar23pixabay“This bicycle hasn’t been used for a while. I’m going to get it shipshape before I ride it into town this weekend.”

A ship has to be organized and in good condition before it can sail. A bicycle is not a ship, but we compare anything to a ship when it is clean, neat and in good repair.

「この自転車はずっと置きっぱなしだから週末に町まで乗る前にきちんと手入れをしよう。」

船は出港する前にきちんと整備をして、良い状態にしないといけません。自転車は船ではありませんが、何かを整備して良い状態に整える時に船という単語を引き合いに出して言います。

Tagged with:
3月 22

korien_mar22_pixabay“Oops! I forgot to lock the door!”

“Oh, I spelled this word wrong. Oops!”

 

“Oops” is something we say when we realize we made a mistake. It can also occasionally be used to sympathize with someone else’s mistake. “I just tripped on a rock.” “Oops. Are you okay?”

 

「しまった!鍵をかけるのを忘れちゃった!」

「おっと!単語のスペルを間違えた!」

 

Oopsは間違えたと気づいた時に使う言葉です。他人の間違いに同情する時にも使ったりします。「今、石につまずいたよ」「あら。大丈夫?」

Tagged with:
3月 19

korien_mar19_pixabay“Thank you! But what are the flowers for?”

“Just because. I don’t need a reason to bring you flowers, do I?”

We usually use “because” before the reason for something. But when there’s no reason, there’s nothing to say after “because”. It’s very romantic to do something nice for your girlfriend or boyfriend (or husband or wife) “just because”.

 

If you leave off “just” it sounds more childish. “Why don’t you want to eat your broccoli?” “Because!”

 

「ありがとう!でもなぜ花を?」

「理由はないさ。君に花を贈るのに理由が要るのか?」

 

普段は何かの理由の前に「because」をつけます。でも、理由がない時はbecauseの後に続くことばがありません。理由もなく恋人、夫、妻に優しいことをするのはロマンチックですね。

 

「Just」が抜けると子供っぽく聞こえます。「なんでブロッコリーが食べたくないの?」「なんでも!」

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: