3月 31

31_Marとても身近なものなのに意外に知らない英語ってありますよね。
指の名前って知ってますか?

人差し指は index finger
中指は middle finger
薬指は ring finger
小指は little finger (アメリカでは pinky)
親指は thumbです。finger ではないんです!
英語で How many fingers do you have on one hand? って聞かれたら、
I have four fingers and a thumb. って答えましょう。

ぐー(拳)は fist
手のひらは palm

足はどうでしょう?
足の親指は big toe
足の小指は little toe
な、な、なんと、その他の指の名前はありません!3本ひっくるめて toes です。

Tagged with:
3月 31

hv52playgroundchantClassroom Tip

This chant from Happy Valley Student Book 3, Unit 5, introduces various playground equipment which children often find at the park or on the playground. After Storytime, do the chant and then do it again with gestures. This is also a unit to introduce the prepositions in, on and under. Sing that song using hand gestures, and then use the target language and puppets to role play. In my classroom, I set up a “playground” using a chair for the swings, two chairs for the seesaw, a box for the sandbox, a table for the jungle gym and bars, and a folding table with one set of legs up for the slide. Then, students put the puppets or flashcards in, on or under the equipment. You could use the teacher or student flashcards instead of making the playground with furniture, too, by arranging them like in the Storytime picture. Remember, the students will revisit prepositions in Unit 9, so this is a good chance to become familiar with them as the concept can be challenging. If you are using Happy Valley Phonics Book 4, your students are already getting more preposition practice there, too, so just keep encouraging them and giving them opportunities to hear and use the language.

 

教室でのヒント

スチューデントブック3、ユニット5のこのチャントは、遊び場の遊具を紹介します。ストーリータイムの後、まずチャントを歌って、次にジェスチャーを加えてもう一度歌いましょう。In, on, underという前置詞の紹介もこのユニットに含まれています。CDの「In, On, Under」の歌でジェスチャーを使いながら歌って、その後はパペットを使って今回のターゲットランゲージをロールプレイングしましょう。教室の家具で遊び場を作ることができます。ブランコは椅子、シーソーは二つの椅子、砂場は段ボール、ジャングルジムなどはテーブルで、滑り台は足をたたんだテーブルです。そして、生徒が人形またはフラッシュカードを遊具の上、中、下に置きます。先生用または生徒用フラッシュカードも家具の代わりに使えます。ストーリータイムの絵と同じように置きましょう。ユニット9で再度前置詞の練習をしますので、難しい単語は今のうちに少し慣れておきましょう。ハッピーバレーフォニックスブック4を使用の場合は、前置詞の練習が入っていますので聞く機会と実際に使う機会を生徒に与えましょう。

 

At Home Tip

This chant from Happy Valley Student Book 3, Unit 5, introduces various playground equipment which children often find at the park or on the playground. Do the chant and then do it again with gestures. The best thing to do is head to the park after. Identify the different equipment you see and talk to your child about which one they want to use first. When they are ready to use different equipment, talk about which one. Ask Seesaw? and your child can respond in the affirmative, Yes. Seesaw! Or, you could ask What do you want to use? so your child can answer Seesaw!

 

お家でのヒント

スチューデントブック3、ユニット3のこのチャントは、遊び場の遊具を紹介します。まずチャントを歌って、次にジェスチャーを加えてもう一度歌いましょう。できれば公園に行きましょう!遊具を見たらその名前を言って、子供にどれで最初に遊びたいかを尋ねます。次の遊具に移るときにも、英語でどれを使うかの話をします。「Seesaw?」と尋ね、子供が「Yes. Seesaw!」と答えます。もしくは、「Which one do you want to use?」と尋ねて、子供が「Seesaw!」と答えます。

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
3月 28

28_Mar驚愕のラウンドアバウト

先週、ラウンドアバウトについてお話ししましたが、ちょっと面白いのがあるので、今週もこの話題で。

ミニラウンドアバウト(写真)
ウケる!ハンドル思いっきりきってグルグル(笑)
これなら楽勝!

そして、動画をご覧ください。

パニクって発狂すること間違いなし。驚愕のラウンドアバウト

みなさま、イギリスでレンタカーするときは覚悟してください(笑)

Tagged with:
3月 24

24_Marフランス語やドイツ語には名詞に性別がありますよね。

英語にはないと思っていませんか?

実は、あるんです!知ってましたか?

 

ship(船) は 女性なので She なんです。

例えば、

This is a very old ship. She was built in 1850.

「とっても古い船です。この船は1850年につくられました」

昔は car(車)もsheでした。

最近ではあまり使いませんが、オーストラリアのタスマニアでは今でもいろんなものをsheと呼ぶみたいですよ。

 

Tagged with:
3月 21

21_Marラウンドアバウトって知っていますか?
ヨーロッパに行くとよく見る円になった交差点です。
正しくは「環状交差点」って言うんだそうです。
効率的で渋滞もなくシンプルな交差点なんだけど、慣れてないと本当に難しい!
イギリスでレンタカーした時、なかなか入れなくて後ろの車にクラクション鳴らされ、
挙げ句の果てにはグルグル回っていると出口がわからなくなり、方向感覚失って
5周もしてました。
入る時は「大縄跳びに飛び込む」ような感覚っていうのかなぁ。
でっかいラウンドアバウトは信号機もついてて何車線もあるらしい。
一生出れなさそう・・・。

Tagged with:
3月 17

17_Mar英語の「群れ」の表現はとっても面白いですよ。

 

人の群れ a crowd of people

犬の群れ a pack of dogs

魚の群れ a school of fish

象の群れ a parade of elephants

毛虫の群れ an army of caterpillars

ライオンの群れ a pride of lions

カラスの群れ a murder of crows

 

カラス、どの国でもあまり良いイメージがないですね。

Tagged with:
3月 17

hv51picnicchantClassroom Tip

This chant from Happy Valley Student Book 3, Unit 3, introduces the dishes and utensils we often use in our daily lives. Do the chant and then do again with gestures. The target language for this unit and the Storytime scenario make this perfect for a role play. Using realia, either from your kitchen or a children’s kitchen play set, have children pretend that they are on a picnic and they forgot something. Their friends can help them by offering to share. Make sure everyone has two of some object and when a student says I forgot my spoon their friend with 2 spoons can say Let’s share. Here you are. This unit also recycles language from Happy Valley 1: Here you are. Thank you. You’re welcome. Review that song, passing along an object in a circle.

 

教室でのヒント

スチューデントブック3、ユニット3のこのチャントは、日常で使う食器を紹介します。まずチャントを歌って、次にジェスチャーを加えてもう一度歌いましょう。お家の台所からもってきた本物の食器やおもちゃの食器を使って、ピクニックの途中で「何かを忘れた!」というシナリオを作ってロールプレイングします。お友達が「貸してあげるよ」と言い出すシチュエーションを作ります。全員が何かを2セット持っているようにしてください。「I forgot my spoon」と誰かが言ったら、スプーンを2つ持っている子が「Let’s share. Here you are.」と言います。ハッピーバレー1で学んだ「Here you are. Thank you. You’re welcome」も一緒に練習できます。円になって座り、何かを隣の人に渡しながら、歌をうたって復習しましょう。

 

At Home Tip

This chant from Happy Valley Student Book 3, Unit 3, introduces the dishes and utensils we often use in our daily lives. Do the chant and then do again with gestures. As you learn this language, help your child remember it by asking them to help you set the table at home. Children love to help and are certainly capable at this age of helping. Now, instead of asking in Japanese, use the English. Start with simple language like Cups, please. Then, you can make the language a bit more difficult by saying, Please bring the cups. Or, let your child ask you. Remember to use Here you are. Thank you. and You’re welcome. Also, with the warm weather approaching, you can certainly use this language as you picnic outside! May I have a cup, please?

 

お家でのヒント

スチューデントブック3、ユニット3のこのチャントは、日常で使う食器を紹介します。まずチャントを歌って、次にジェスチャーを加えてもう一度歌いましょう。食事の準備を子供に手伝わせながらこれらの単語を学ぶととても効果的です。子供はお手伝いが大好きですし、もうしっかりお手伝いができる年齢のはずです。日本語ではなく英語でお願いしてみましょう。最初は「Cups, please」など簡単な英語を使います。徐々に難しくして、「Please bring the cups」と言います。子供に言わせてみてもよいでしょう。「Here you are」「Thank you」「You’re welcome」はお忘れなく!暖かくなったら外でピクニックをしてこの英語を使ってみましょう!「May I have a cup, please?」

 

Please add your comments – What do you do? How did you find these tips? We’d love to see YOUR videos.

ご意見をお聞かせ下さい! どの様にこの動画を活用しましたか? ヒントは役に立ちましたか?あなたの動画を是非見てみたいです。

Please subscribe to the YouTube channel to get automatic updates – more videos coming soon!

Happy Valley TV をチャンネル登録してくださいね。追加の動画を近々アップします!

See you soon! またね!

Happy Valley ハッピーバレー

 

Subscribe to this newsletter メールマガジン登録はこちら

Tagged with:
3月 14

14_Marオーストラリアのスーパーで「ピーマンどこにありますか?」って聞いたけど

全く通じなかった。

ピー⤴️マン ピーマン⤴️ ピマー⤴️ン いろんな「ピーマン」試したけど撃沈。

後でわかりました・・・。「ピーマン」って英語じゃない!!

 

ピーマンはgreen pepper 確かオーストラリアではcapsicunって言ってたなぁ。

他にも英語じゃなかった単語がいっぱい。

ホッチキスはstapler (ちなみに芯はstaple)

栗はchestnut マロンはフランス語です。

ガソリンスタンドはPetrol Station、北米ではgas stationって言います。

ノートパソコンはLaptop

バイキングはbuffet、バイキングは「海賊」ですね。

 

最近よくニュースで聞きますが・・・

トランプ、英語ではplaying cardsですよ!

Tagged with:
3月 10

10_Mar日本語では色んな数え方(個、人、枚、匹など)がありますね。日本語を学ぶ外国人はこれに苦労します。英語ではどうでしょうか?

 

これはみんな知っていますよね。

a pair of socks      靴下一足

a bottle of wine    ワイン1本

a cup of coffee     コーヒー1杯

これはどうかな?

a bowl of rice        ごはんお茶碗に一杯

a slice of pizza      ピザ一切れ

他に面白いのだと、

a bunch of bananas バナナ一房

a bag of crisps      ポテトチップス一袋

a head of lettuce   レタス1個

複数の時はtwo slices of pizzaのように複数形にしてくださいね。

 

つづく

Tagged with:
3月 07

7_Marみなさん、海外旅行した時にお釣りの渡され方に「???」ってなった事ありません?

日本ではお釣りを渡される時、店員さんはお釣りの金額をカウントして、
「○○○円のお返しです」って言いますよね。

アメリカでお釣りをもらった時、支払った金額に逆算していくのにびっくりしました!
例えば、7ドル50セントの物を買って、10ドル支払う。そうすると、お釣りは2ドル50セント。
定員さんは「7ドル60、7ドル70、・・・9ドル90、10ドル」と言ってお釣りの2ドル50セントをくれました。「はい、10ドルになりました!」って感じかなぁ。
数字に弱い私にはややこしくて・・。それに英語だもん・・・。
「はい、どうも~」って余裕の顔でお釣り受け取ってますが、内心「もうどうでもいいわ」ってなってます。

あと、ついついお札ばかりで支払って、小銭がどんどん増えることありません?これも海外旅行あるあるですよね。
小銭を減らすために、お札と小銭を出して、お釣りの小銭を少なくすることってありますよね。
例えば、554円の物買って、1,054円支払って、500円玉でお釣りもらう。
アメリカでこれやったら店員さんワナワナってなってました。
してやったり!

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: