11月 06

“I wouldn’t do that if I were you.” 「私だったらそれはしないね。」

“If I were you, I’d be careful.” 「私だったら、気を付ける。」

アドバイスする時に、相手がいる状況にもし自分がなったら自分はこうすると伝える事があります。「I wouldn’t do that if I were you(私ならしないな)」はこれから相手がしようとしていることがお勧めできない時に伝えます。第三者についても使えます。「私が彼なら、その日お家に残っていたな。」

We often give advice by saying what we would do if we were in someone else’s situation. “I wouldn’t do that if I were you,” is a way to say that you think what they are going to do is a bad idea. You can also use this phrase to talk about a third person: “I would have stayed home if I were him.”

Tagged with:
10月 23

“You’re just going to have to own up to the fact that you told a lie.” 「嘘をついたと認めるしかないよ。」

間違った、悪いことをしてしまったときは選択肢が二つです。自分のしたことを認める(そして償う可能性も)、それとも何も悪いことしていないと言い張るか。悪い行いを認めたら、償うことや許されることへの第一歩です。

If you make a mistake or do something wrong, you have two choices. You can recognize that you did that (and maybe try to fix it), or you can insist that you didn’t do anything wrong. If you “own up to” your misdeeds, it’s the first step toward making up for them and perhaps being forgiven.

Tagged with:
9月 25

“All right, everyone, dig in!” 「では皆さん、食べましょう!」

「Dig in」は食べるように促すためのカジュアルな言葉です。食べ物の用意ができてもうテーブルに並べられています。皆が座っているのでもう待つ必要はありません。スプーンで食べるもののだと「dig」という単語がぴったりですが、実はどんな食べ物でも使えるフレーズです。

“Dig in” is a casual phrase we use to invite people to eat. The food is ready on the table and everyone is here, so there’s no need to wait. If it’s something we eat with a spoon, “dig” might be a good description, but we can use this phrase with any kind of food.

Tagged with:
9月 11

Korien_Sept11“Go ahead and have some cake.” 「ケーキをどうぞ」
“You don’t have to tell me twice!” 「二度言う必要はないよ!」

“Could you do the decorations for the party?” 「パーティーの飾りつけ頼んでいい?」
“You don’t have to tell me twice! I love that kind of thing!” 「頼まれなくてもよろこんでやります!そうゆーの大好き!」

熱望することを頼まれたり誘われたりしたときに使えるフレーズです。

This is a phrase we can use when we’re very eager to comply with an invitation or instruction.

Tagged with:
8月 28

korien_aug28“The teacher says I can turn in my report next week. I’m so glad I asked. That’s a weight off my shoulders.” 「先生はレポートを来週提出すればいいと言ってくれた。きいてよかった。すごくほっとした。」

ずっと悩んでいたことが解決したら、安心するでしょう。肩にかかっていた重みがなくなることに例えます。とても重かった、ずっとあったから気づかなくなっていたが、急に消えたらとても軽くて自由に感じられます。

If something that has been worrying you is suddenly no longer a problem, you might feel relieved. We say it’s like a weight has been removed from our shoulders. It was very heavy, and it was there a long time, so it might have been hard to notice. But when it’s gone, you suddenly feel light and free.

Tagged with:
7月 31

korien_july31“It’s just as well that I forgot to bring a book. I didn’t have time to read anyway.” 「読む時間もなかったから、本を忘れたことは逆に良かったかもしれない。」

普段はいつも本を持ち歩いています。読書が好きだし、事務所や電車で待ち時間があれば退屈しません。でも今日は本を忘れてしまった。やってしまった!と思うかもしれませんが、結局は読む時間がなかったので、重い本を持ち歩かなくて済んだからよかったかもしれません。

Usually, I bring a book everywhere I go. I like reading, and if I have to wait in an office or on a train, I have something to do. But this time, I forgot to bring a book. That seems like a bad thing! But in the end, I didn’t have time to read. And I didn’t have to carry a heavy book, so it was actually not bad that I forgot my book.

Tagged with:
7月 17

korien_july17“I forgot my camera, but it can’t be helped. I’ll just take photos with my phone.” 「カメラ忘れてしまったが仕方ない。携帯で写真とろう。」

 

悪いことがあったがそれを直す方法はありませんと「まあ、仕方がない」と言います。英語では日本語ほどよく使いません。

 

When something bad has happened, but there’s no way to fix it, we say, “Oh well, it can’t be helped.” This phrase isn’t used in English as often as it is in Japanese.

Tagged with:
7月 03

korien_july3_unsplash“It’s more expensive, but you’ll save money in the long run.” 「値段は高いけど長く考えればお得だよ。」

未来の事を計画する時は、長いスパンで考えなければなりません。例えば今支払わないといけない金額が高くても長く使う事で、結局はすぐ買い換えないといけない安物よりはお得になる場合があります。徹夜で勉強するという行動は翌日だけをみたら上手くいきますが、長く続けようとしたら上手くいかないこともあります。。

When we plan ahead for the future, we have to think about a long period of time. Sometimes it’s cheaper “in the long run” to pay a lot of money now for a good quality product, instead of something cheaper that will have to be replaced soon. A strategy, such as staying up all night to study, might work well for today, but if you keep doing it for a long time, it might not work very well.

Tagged with:
6月 19

korien_june19“So you’re saying I should just quit?” 「やめちゃえばいいと言いたいのか?」
“That’s not exactly what I said.” 「いや、ちょっと違います。」

何かが「ちょっと違う」ということは、似ているところはあるが全く同じという訳ではありません。語調をやわらかくするのに使うフレーズです。「これが欲しかったドレス?」「うーん、ちょっと違う。」皮肉に使うこともあります:「彼は天才とはちょっと違う」(彼は頭が悪いと言っています)。

When something is “not exactly” something else, it may seem the same in some ways. Usually we use this phrase to soften our words: “Is this the kind of dress you wanted?” “Well, not exactly.” Sometimes we use it sarcastically: “He’s not exactly a genius.” (The speaker implies that he’s stupid.)

Tagged with:
6月 05

Korien_june5“Are you okay?” 「大丈夫?」
“Huh? Oh, yes. I was just lost in thought.” 「え?あ、大丈夫よ。考え事をしていただけ。」

ボーっとしているように見える人は考え事しているだけかもしれません。その場合は「lost in thought」と言えます。考えという場所の中で迷子になったみたいな言い方です。霧の深い森でしょうか?でも本当は周りに注意していないくらい深く考え事をしているだけです。

If someone looks spaced out, they may just be thinking deeply. We can say they’re “lost in thought”. It sounds like thought is a place, maybe a misty forest, where you can get lost, but actually it just means someone is not paying attention to their surroundings because they’re thinking.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: