Aug 05

“A stitch in time saves nine!” 「今のひと縫いは後の9縫い」

裁縫しているとき、針と糸で布を縫います。それでスティッチ(縫い、縫い目、ひと針)を作ります。シャツに小さな穴が開いたと想像しましょう。今ならひと縫いだけで綻びを直せます。でも時間をおくと大きくなって、より多くのスティッチが必要になります。この言い回しは早めの1つであとの9つが必要なくなるということわざの由来です。問題が大きくなる前に解決しましょう。

When sewing, you use a needle to pull thread through cloth, creating stitches. Imagine you have a very small hole in your shirt. You can sew it closed now with just one stitch. But if you wait, it might get bigger, and you will have to use more stitches to close it. We say that a stitch in time saves nine (nine more stitches) to mean that it’s better to solve problems before they get big.

Tagged with:
Aug 05
8月6日(木)~8月19日(水)の間は、レッスン並びに受付業務はお休みとなっております。
レッスンのご予約・ご変更は20日(木)以降にご連絡ください。
無料体験レッスンのご予約や新規お問合せはこちらの問い合わせフォームからご連絡ください。
Tagged with:
Jul 29

“You shouldn’t greet the teacher by saying, ‘What’s up?’ on the first day of school. You might come off as rude.” 「学校の初日に先生にWhat’s up?と挨拶するのはやめておこう。失礼な印象を与えてしまうかもしれない。」

「Come off as~」は「~の印象を与える」という使い方をします。その印象が間違っている場合もあります。例えば、聞こえなかったから挨拶に返事しなかったときでも失礼だと思われる事があります。別に失礼なことはしていませんが、どうしてそのような印象を受けたかは納得できます。

If you “come off” a certain way, you give that impression to others. Sometimes the impression might be wrong. For example, you might “come off as rude” by not answering someone’s greeting when you didn’t hear them. You weren’t being rude, but you can understand why they thought so.

Tagged with:
Jul 22

“The negotiations weren’t going well. Whenever we took one step forward, we’d immediately take two steps back.” 「交渉がうまくいかず、一歩進んでもすぐに二歩下がるという状態でした。」

“When you learn enough to realize how much you still don’t know, it can feel like one step forward and two steps back.” 「まだ知らないことがどれくらいあるかわかるほどの知識を身に付けても、一歩進んで二歩下がったような気分になるかもしれません。」

「One step forward, two steps back(一歩進んで二歩下がる)」とは、前進が難しく問題が次から次へと生じる状態のことです。目標に向かって道を進んでいると想像してください。ただし、一歩進んでもまた二歩を下がらねばいけません。悔しいでしょう!

“One step forward, two steps back” describes a situation in which progress is very difficult and new problems keep arising. Imagine walking along a path toward a goal, but after taking one step forward, you must back up two steps. It’s very frustrating!

Tagged with:
Jul 15

“What did we say about climbing on the fence? That’s a big no-no.” 「フェンスに登ることについてなんって言ったっけ?ダメだよね。」

A no-noとはしてはいけないことです。小さな子供に使うフレーズですので、大人に向けて言う時は冗談で使います。かなり見下げている印象を与える事もあるので注意!

A “no-no” is something you aren’t allowed to do. We usually use this phrase for small children, so if you use it with an adult it will come off as joking at best, patronizing at worst.

Tagged with:
Jul 08

“He said it was a gerbil, not a mouse, but I think that’s just splitting hairs.” 「ネズミではなくアレチネズミだと言ったけど、それはたいして違わないでしょう。」

Splitting hairs(毛を割る)はあまり違わないことを区別する時に使う表現です。その違いが取るに足らないと思ったらsplitting hairsと言います。髪の毛一本を縦に切るみたいなイメージで、難しいけど必要ありません。シェイクスピアの時代より前から使われている表現です。

Splitting hairs is making a distinction between things that are not very different. You can say it’s splitting hairs to show you don’t think the difference is important. It sounds like cutting a single hair in half, which is difficult and unnecessary. This phrase has been used since before Shakespeare’s time.

Tagged with:
Jul 01

“The teacher took him to task when he forgot his homework twice in a row.” 「連続で宿題を忘れたので先生は彼を叱った。」

誰かを「take to task」するということは、悪いことしたのを責める、叱るということです。その人がしたことをforを使って示せます:「彼が汚れた服を床に置いておいたことを叱った。」

To take someone to task is to criticize or scold them for doing something wrong. You can add “for” to show what it was the person did wrong: “She took him to task for leaving his dirty laundry on the floor.”

Tagged with:
Jun 24

“She just wants to have her cake and eat it too.” 「彼女はケーキを取っておきたいけど食べちゃいたい。」

誕生日にきれいなデコレーションケーキを頂いたら、飾っておきたい!と思うかもしれません。でもやっぱりケーキなので、食べたいですね。でも両方はできません。ケーキを食べたら飾れないし、飾るなら食べられません。このフレーズを使って、同時にはできないけれど、どっちも捨てがたい気持ちを表現できます。

If you get a beautifully decorated cake for your birthday, you might want to keep it and display it in your house. But you also want to eat it. It’s a cake, after all! But you cannot do both. If you eat your cake, you can’t keep it to display. We can use this phrase to describe someone who wants two things that are impossible to have at the same time.

Tagged with:
Jun 10

やっと教室でのレッスンが再開しました!入会金無料のキャンペーンを7月31日まで延長します。

キャンペーン中にご入会されますと、入会金(小中学生8,800円、高校生以上11,000)が無料になります!春のチャンスを逃した皆さん、ぜひ無料体験レッスンをご予約下さい!!

ご予約はこちらから、またはお電話 フリーダイヤル 0120-545-109まで。皆様のご予約お待ちしております。

Tagged with:
Apr 13

『I’ll give you a ring.』
A few years ago, a friend was leaving in Japan to return to England for the summer. 
He said to his girlfriend as he left, “When I get back, I’ll give you a ring.”
When he returned in September, she was expecting a wedding proposal.
He was going to give her a telephone call.

‘To ring’, in England, means make a telephone call.
In American English, they say,  ’to call’.

Be careful!

『電話するよ。』

数年前、夏の間イギリスに帰るために日本を発つ友人がいました。
彼は帰りながらガールフレンドに「戻ったら電話するよ。」と言った。
彼が9月に戻ってきたとき、彼女は結婚の申し込みを待っていた。
彼は彼女に電話をかけるつもりだった。

「to ring」 というのは、イギリスでは電話をかけることを意味する。
アメリカ英語では 「to call」 と言う。
気をつけて!

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: