Sep 15

“It’s not a black-and-white issue. Normally lying is wrong, of course, but in this situation it’s kind of a gray area.” 「白黒つけられません。もちろん嘘は良くないがこの場合はグレー

です。」

だいたいにして白黒の区別をつけることは簡単です。判断しやすいことは白黒と言います。判断が難しい場合は、グレーだと言います。例えば、自分が欲しいからという理由でご近所さんの新しい自転車を盗むのは明らかに悪いことです。でも飢え死にそうな家族のためにパンを盗んだら、それはグレーと言えなくもないです。

It’s usually easy to tell black from white. We say something that’s easy to judge is black-and-white. If it’s hard to judge, though, it may be a shade of gray. For example, it’s easy to say that it’s wrong to steal your neighbor’s new bicycle because you want it for yourself. But if you steal a loaf of bread to feed your starving family, that’s more of a gray area.

Tagged with:
Sep 08

“The cake is for Susan’s birthday, but keep it under your hat. We’re throwing a surprise party.” 「このケーキはスーザンの誕生日のために用意したんだけど秘密にしててね。サプライズパーティーをやるんだ。」

何かを帽子の下に入れておくということはつまり秘密を守るということです。秘密を教えてもらったら、誰にも話す訳にはいきません!誰にも見られないように帽子の下に隠します。とても古いフレーズですが、中世の弓の使い手が帽子の下に弓のつるを入れたのが由来という説があります。

To keep something under your hat is to keep it a secret. If someone tells you a secret, you can’t let anybody else know! Keep the information under your hat where no one can see it. This phrase is very old, but some people think it comes from medieval archers who kept bowstrings under their hats.

Tagged with:
Sep 01

“Me, go to the prom with Jeff? That’ll be the day!” 「私がジェフと一緒にダンスパーティー?まさかね!」

“Anne says she wants to move to Alaska.” 「アンはアラスカに引っ越したいって。」

“That’ll be the day! She hates winter.” 「まさか!彼女は冬が大の苦手なのに。」

「絶対にそうはならない」と表現したい時、That’ll be the dayというフレーズを使います。その日は永遠に来ません。disbelief や skepticismなどの表現に似ています。元はオーストラリアかニュージーランドからきたフレーズだそうです。

We say “that’ll be the day” when we believe something will never happen. That day will never come. It’s similar to another phrase used to express disbelief or skepticism, “I’d like to see that!” The phrase originally came from Australia or New Zealand.

Tagged with:
Aug 25

9月1日~10月31日にご入会で入会金が無料になります!

この機会に是非お待ちしております。

お問い合わせはこちらから!

Aug 25

“Keep your eyes peeled for a sign. I’m not sure which road this is.” 「目印がないか見ててね。これがどの道かわかりません。」

バナナやミカンの皮をむいたことはありましょう。このフレーズでの皮は瞼です。「目をむいたままにして」とは「目を閉じるな」という意味です。目を開けていて何か・誰かを探した・見張ってという指示です。

You’ve probably peeled a banana or orange. In this phrase, the “peel” is your eyelids. “Keep your eyes peeled” means “don’t close your eyes”. We say this to tell someone to keep their eyes open and look out for something or someone.

Tagged with:
Aug 04

“Guess what! I got the best score in class!” 「良いことがあったんだよ!クラスで一番良い点数を取った!」

“You did? Get out of town! I don’t believe it!” 「お前が?嘘だろ?マジで?」

「信じられない」という意味で「Get out of here!(出ていけ)」「Get out of town!(町から出ていけ)」や「Shut up!(黙れ)」などの表現が使われることがあります。失礼に聞こえますが、親しい間柄で、良い知らせに驚いているときに使われます。

You might sometimes hear people use phrases like “Get out of here!” “Get out of town!” or even “Shut up!” to express disbelief. They sound rude but are often used with close friends when surprised by good news.

Tagged with:
Jul 28

“One minute he was here, and the next he was gone! He just disappeared into thin air!” 「ここにいたけど、次の瞬間いなかった!消えてしまった!」

急に誰かが見えなくなった時は、扉から出ていった、岩の影に隠れたなど説明がつきます。どこかへ行ったり、隠れたりする場所が全くなさそうな場合は「空気の中へと」消えたと言います。空気に霧や曇りがあったらthick(濃い)と言うことがたまにはありますが、この言い回し以外で空気をthin(薄い)と呼ぶことがおそらくありません(強調のため)。

Sometimes, if you suddenly can’t see someone, he has walked through a door or hidden behind a rock. But if there is nowhere he could have gone, we say he went into the air—into thin air. Sometimes we call air “thick” if it is full of clouds or smoke, but this is probably the only time we call air “thin”, for emphasis.

Tagged with:
Jul 27

8/6(金)~8/19(木)の間はレッスン並びに受付業務はお休みとなっております。

レッスンのご予約/変更は生徒様専用ページで可能です。その他お問い合わせは20日(金)以降にご連絡ください。

無料体験レッスンのご予約、新規お問い合わせはこちらの問い合わせフォームからご連絡ください。

Tagged with:
Jul 21

“It makes sense that he would be late. The trains are delayed.” 「遅れても不思議ではない。電車も遅れています。」

“She loves animals, so it makes a lot of sense for her to become a vet.” 「動物が大好きだから獣医になるのは納得がいきます。」

Senseを持っている人は分別と常識のある人です。何かがmakes senseというとそれは納得できることです。他に知っている事実を考えると不思議ではないことです。

If someone has good sense, they are a reasonable, logical person. If something makes sense, it’s logical. We can understand why it would be true, based on other facts we know.

Tagged with:
Jul 14

“I’ve made a dent in my big homework assignment. Time for a short break.” 「大きな課題を少し進めたからちょっと休憩にしよう。」

大きな仕事を取り除かないといけない大きな土の山に例えましょう。あまりにも大きくて、取り組んでいるとなかなか前進しているように見えません。でもしばらくすると、違いがわかります。山の一部が少し凹んでいます。大きな違いではありませんがこの凹み(dent)が確実に進んでいる証拠です。

A big job is like a mountain of dirt that you have to remove. When you’re working on it, it’s hard to see that you’re making any progress. But after a while, you can see a difference. There’s a dent in the side of the mountain. It’s not a huge change, but you can see that you’ve made progress.

preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: