Nov 25

“Of course, I couldn’t speak fluently right off the bat. It took a lot of study.” 「もちろん、最初めから流暢に喋られたわけではありません。たくさん勉強したからです。」

Off the batとは「すぐに」「最初から」の意味です。ベースボールやクリケット、選手がバットでボールを打つゲームを想像してみて下さい。他のプレイヤーはボールをキャッチするために走ったり、次のベースに向かったり、すぐに反応しないといけません。ボールがどの方向に飛んでいくかがわからないので、バットにボールがあたるまでは反応できません(それもボールを打つのに成功すればの話です)。ボールが飛んでいく瞬間がすべての始まりです。

“Off the bat” means “immediately” or “at the very beginning”. Think of baseball or cricket, sports where a player hits a ball with a bat. The other players must react quickly, running to catch the ball or get to the next base. They can’t react before the bat hits the ball, because they don’t know which direction it will go (if the player even hits the ball). The instant when the ball goes flying is the start of the action.

Tagged with:
Nov 11

“Into every life, a little rain must fall.” 「どの人生でも多少雨が降らないといけません。」

「Into every life some rain must fall」は1800年代にアメリカ人の詩人ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローによって書かれた詩の一節です。この有名な言葉は、誰にでも悪いことが起こるという意味でよく使われています。誰だってHappy続きの人生は送れません。もちろん、雨よりお天気が多い方を願いますけどね。

“Into every life some rain must fall” is a famous line written by Henry Wadsworth Longfellow, an American poet, in the 1800s. The phrase has become well-known and is used to say that bad things happen to everyone sometimes; nobody’s life is all happiness. Of course, we hope to have more sunshine than rain.

Tagged with:
Oct 28

“A bird in the hand is worth two in the bush.” 「手中にある一羽は芝生にいる二羽の鳥と同じ価値。」

野鳥を捕まえることは難しいです。一羽でも捕まえたなら上出来です。まだ芝生にたくさんの鳥がいて、すべてを捕まえることは不可能かもしれません。同時にあと二羽を捕まえようとすると、手の中にいる一羽を逃がしてしまうかもしれません。「a bird in the hand」というフレーズで、高く望みすぎて既にできたことを台無しにしないようにという忠告です。

It’s hard to catch a wild bird. If you’ve already caught one bird, you’ve done a pretty good job. There are many more birds out there, but it might not be possible to catch them all. If you try to catch two more birds at once, you might let the bird you have caught escape. We say “a bird in the hand is worth two in the bush” to warn against being too ambitious and undoing the progress you’ve made.

Tagged with:
Oct 14

“They had a lot to catch up on. They were talking up a storm all evening.” 「久しぶりに会って、ディナーの時間中ずっとしゃべり通していた。」

“I think she’s really sick. She was coughing up a storm.” 「彼女は重い病気だと思う。いっぱい咳をしていた。」

“I thought he would be shy, but he danced up a storm at the party.” 「彼はシャイだと思ったけどパーティーでは踊りまくっていた。」

動詞の後にup a stormをつけると、「何かをたくさんした」「勢いよくした」と表現することができます。

You can add “up a storm” after different verbs to say someone did something a lot, or with great enthusiasm.

Tagged with:
Oct 01

“Why didn’t you call the restaurant ahead of time?” 「なんで前もってレストランに電話しなかったの?」

“It’s not my fault. John was supposed to do it.” 「私のせいじゃないよ。ジョンがやるべきだった。」

“You’re just passing the buck!” 「責任から逃れようとしないで!」

「Passing the buck」とは責任や責められることを他人に転嫁して自分が逃れるという意味です。アメリカのトルーマン大統領の有名な台詞「The buck stops here」は「それをしない」という意味でした。大統領として決断してその責任をとると言っていました。Buckという言葉には色々な意味がありますが、この場合は(トランプで遊ぶ)ポーカーが由来です!

“Passing the buck” means transferring blame or responsibility to someone else. American president Truman famously said, “The buck stops here,” to mean he would not pass the buck to anyone else; he would make decisions as president and take responsibility for them. The word “buck” has many meanings, but this phrase originally came from the game of poker!

Tagged with:
Sep 16

“You can lead a horse to water, but you can’t make him drink.” 「馬を水まで導くことはできても、水を飲ませることはできない。」

するべきことを知っていても、人にそれをさせることはできません。問題の解決法を確実に知っているのに、言うことをきいてくれない、というときにこの表現を使います。馬が水を飲まないといけないことが分かっています。馬に水がどこにあるかを見せることはできます。でも無理やり馬に水を飲ませることはできません。良いアドバイスを伝えることができても、それを実行させることはできません。

You can’t make people do what you want, even if you know what’s best. When you’re sure you know how to solve a problem, but people won’t listen to you, you might use this expression. You know the horse needs water, and you can show the horse where the water is, but there’s no way to force the horse to drink the water. You can give people good advice, but you can’t make them follow your advice.

Tagged with:
Sep 02

“I just asked her to pick up her socks. Why is she so upset?” 「靴下を片付けてと頼んだだけなのになんでそんなに怒った?」

“She’s under a lot of stress at school. It must have been the straw that broke the camel’s back.” 「今学校でストレスを感じてるから、それで堪忍袋の緒が切れたのだろう。」

ラクダはたくさんの欲し草を運ぶことができます。でも無限ではないので多すぎると感じる限界があります。少し追加したことで「重いけどまだいける」と思っていたレベルから「ダメだ、もうどうにもならない」と感じるレベルになってしまう事があります。ラクダがたくさんの欲し草を運んでいますがなんとかなりそうです。そこであと一本の欲し草を乗せました。するとラクダには重すぎたようです。

A camel can carry a lot of straw. But some amount of straw is too much. Sometimes a small thing can take us from a large amount (that we can still handle) to too much (and we can’t handle it). The camel is carrying a heavy load of straw, but it’s okay. Then you add one more piece of straw, and it’s too heavy for the camel.

Tagged with:
Aug 05

“A stitch in time saves nine!” 「今のひと縫いは後の9縫い」

裁縫しているとき、針と糸で布を縫います。それでスティッチ(縫い、縫い目、ひと針)を作ります。シャツに小さな穴が開いたと想像しましょう。今ならひと縫いだけで綻びを直せます。でも時間をおくと大きくなって、より多くのスティッチが必要になります。この言い回しは早めの1つであとの9つが必要なくなるということわざの由来です。問題が大きくなる前に解決しましょう。

When sewing, you use a needle to pull thread through cloth, creating stitches. Imagine you have a very small hole in your shirt. You can sew it closed now with just one stitch. But if you wait, it might get bigger, and you will have to use more stitches to close it. We say that a stitch in time saves nine (nine more stitches) to mean that it’s better to solve problems before they get big.

Tagged with:
Jul 22

“The negotiations weren’t going well. Whenever we took one step forward, we’d immediately take two steps back.” 「交渉がうまくいかず、一歩進んでもすぐに二歩下がるという状態でした。」

“When you learn enough to realize how much you still don’t know, it can feel like one step forward and two steps back.” 「まだ知らないことがどれくらいあるかわかるほどの知識を身に付けても、一歩進んで二歩下がったような気分になるかもしれません。」

「One step forward, two steps back(一歩進んで二歩下がる)」とは、前進が難しく問題が次から次へと生じる状態のことです。目標に向かって道を進んでいると想像してください。ただし、一歩進んでもまた二歩を下がらねばいけません。悔しいでしょう!

“One step forward, two steps back” describes a situation in which progress is very difficult and new problems keep arising. Imagine walking along a path toward a goal, but after taking one step forward, you must back up two steps. It’s very frustrating!

Tagged with:
Jul 08

“He said it was a gerbil, not a mouse, but I think that’s just splitting hairs.” 「ネズミではなくアレチネズミだと言ったけど、それはたいして違わないでしょう。」

Splitting hairs(毛を割る)はあまり違わないことを区別する時に使う表現です。その違いが取るに足らないと思ったらsplitting hairsと言います。髪の毛一本を縦に切るみたいなイメージで、難しいけど必要ありません。シェイクスピアの時代より前から使われている表現です。

Splitting hairs is making a distinction between things that are not very different. You can say it’s splitting hairs to show you don’t think the difference is important. It sounds like cutting a single hair in half, which is difficult and unnecessary. This phrase has been used since before Shakespeare’s time.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: