Jul 28

“One minute he was here, and the next he was gone! He just disappeared into thin air!” 「ここにいたけど、次の瞬間いなかった!消えてしまった!」

急に誰かが見えなくなった時は、扉から出ていった、岩の影に隠れたなど説明がつきます。どこかへ行ったり、隠れたりする場所が全くなさそうな場合は「空気の中へと」消えたと言います。空気に霧や曇りがあったらthick(濃い)と言うことがたまにはありますが、この言い回し以外で空気をthin(薄い)と呼ぶことがおそらくありません(強調のため)。

Sometimes, if you suddenly can’t see someone, he has walked through a door or hidden behind a rock. But if there is nowhere he could have gone, we say he went into the air—into thin air. Sometimes we call air “thick” if it is full of clouds or smoke, but this is probably the only time we call air “thin”, for emphasis.

Tagged with:
Jun 30

“See? If you do it this way, it’s as easy as pie.” 「ほら、こうすればとても簡単でしょう?」

とても簡単にできることは「パイみたいに簡単」と言います。パイを食べるのが簡単ですが作るのは少し難しいですね!このフレーズはニュージーランドかオーストラリアから来て、マオリ語の「良い」という単語が由来と言われていますが、19世紀のアメリカで生まれたフレーズだともいわれています。

Something that’s very easy is “easy as pie”. Pie is easy to eat, but not to make! Some people say this phrase comes from New Zealand or Australia, from a Maori word for “good” that sounds like “pie”. Others say the phrase first appeared in the USA in the late 19th century.

Tagged with:
Jun 16

“I think it’s time to exercise the better part of valor and retreat!” 「勇気の大部分を用いて後退しましょう!」

「Discretion is the better part of valor」はシェイクスピアの有名な台詞のひとつです。Valorとは勇気です。このフレーズは、勇気を持つのに一番大切なことがいつ戦うべきか、いつ戦いを避けるべきかを判断することだと言っています。勇気を持っていると決して戦いから逃げないというイメージですが、シェイクスピアによると勝つ可能性のある戦いだけに挑むのが大切です。

“Discretion is the better part of valor” is a well-known phrase from a Shakespeare play. “Valor” is courage or bravery. The phrase says that knowing when to fight and when not to, is the most important part of being brave. We may think that being brave means never running from a fight, but Shakespeare’s line says that it’s better only to accept a challenge that is possible to win.

Tagged with:
Jun 02

“It’s not fair that Jane got first chair in the school band. I practiced so hard!” 「ジェーンが第一トランペットになったなんて不公平だよ!私はこんなに頑張ったのに!」

“It’s disappointing, but that’s just the way the cookie crumbles.” 「がっかりだけど仕方がない。人生にこうゆうことがあるのさ。」

悪いことがあったときに「That’s how the cookie crumbles」と言うことがあります。悪いことを完全に阻止することはできません。人生にはかならず悪いことも起こります。クッキーは崩れるものでそれは仕方ありません。がっかりする気持ちを表現する、がっかりしている人を励ます、がっかりしている人には受け止めるように促すのに使えるフレーズです。

We sometimes say, “That’s how the cookie crumbles,” when something bad has happened. We can’t stop every bad thing from happening. Life will always have some bad in it. Cookies sometimes crumble, and you can’t stop it. This phrase can be used to express disappointment, comfort someone after something bad happened, or tell them to accept it and move on.

Tagged with:
May 19

“One second he was there, and the next he was gone. He just disappeared into thin air!” 「そこにいたのに次の瞬間どこにもいなかった!まるで神隠し!」

「He just disappeared into thin air.」とは、いったいどこに行ってしまったのか見当もつかない様子を表します。隠れる場所もありませんし、普通に歩いて行ったわけでもありません。不思議なことに消えてしまいました。

If someone disappears into thin air, you have no idea where he could have gone. There’s nowhere he could have hidden, and he didn’t just walk away. His disappearance is a mystery.

Tagged with:
Apr 21

“I saw that new movie everyone’s talking about, but it’s not all it’s cracked up to be.” 「みなが最近よく話している映画を観たけどそれほどでもなかった。」

“I hear you’re a good singer. Why don’t you sing us something and we can see if you’re all you’re cracked up to be?” 「あなたは歌が上手ときいているよ。何か歌って噂通りかどうか判断させてくれない?」

何かが「all it’s cracked up to be」だったら評判通り良いものだということです。不満やがっかりした気持ちを表すために否定文でよく使うフレーズです。

If something is “all it’s cracked up to be” it lives up to its positive reputation. We most often use this phrase in a negative sentence, to say we are disappointed in something.

Tagged with:
Apr 07

“The test is next week, so let’s crack a book this weekend!” 「来週がテストだから今週末は勉強しとこう!」

“Your drawings have potential. Maybe you should crack an art book.” 「お前の絵に可能性がある。美術を勉強してみたら?」

Crack a bookとは本を開いて勉強することです。たぶん真新しい本を初めて開くときのイメージが由来です。本の背が固くて音がすることがあります。ですが、何回も読み返すことや広く開きすぎることで本の背に消えないしわを作ってしまうことがあって、それもcrackと言えます。

To “crack a book” is to open a book and study. It probably comes from the image of opening a brand-new book for the first time. The spine of the book is stiff, so it might make a noise. However, we can also “crack” the spine of a book by reading it a lot (or opening it too wide), and creating a permanent crease in the spine.

Tagged with:
Mar 17

“His parents will buy him anything he wants. He has them wrapped around his little finger.” 「彼は親になんでもほしいもの買ってもらえる。親がいつも彼の言いなりだ。」

「Wrapped Around Your Little Finger」というイディオムは(あなたがあまりにも好かれているから)その人の行動を完全にコントロールできるという状況で使えます。指に巻くという表現から指輪を連想するかもしれませんが、実は鷹のリードを握るイメージが由来かもしれません。

If you have someone wrapped around your finger, you have total control over their actions (because they like you so much). This phrase sounds like it might refer to a ring worn on the finger, but it may actually come from the image of holding a falcon’s leash.

Tagged with:
Mar 03

“I have some suggestions I want to make at work, but I’m a new hire and I don’t want to step on anybody’s toes.” 「職場で提案したいことがあるけど、新入りだし誰かの感情を害するようなことはしたくない。」

つま先を踏まれてたらイラっとしますよね。他の方法で誰かを怒らせてしまったときにも「Step on Somebody’s Toes」というフレーズが使えます。つま先を踏んだ人が自分の権威を尊重していない、自分と関係ないことに口を出している場合などによく使います。

If somebody steps on your toes, you will feel annoyed. If you insult someone in some other way, we can still say that you stepped on their toes. This phrase is often used to describe someone overstepping their authority, or telling people what to do when it isn’t their business.

Tagged with:
Feb 17

“That pizza really hit the spot!” 「ごちそうさま!ピザがちょうど食べたかったんだ!」

何かを食べた時、ちょうどそれが食べたかったからとても満足だと感じたら、「hit the spot」というフレーズを使えます。スポットに当たるとは完全に合っている、ちょうど必要なものであるという意味ですが、ほとんどの場合、食べ物・飲み物に使う表現です。

If you eat something, and it is very satisfying because it was exactly what you wanted to eat, you can say that it “hit the spot”. To hit the spot is to be exactly right, or exactly what was needed, but this phrase is most often used with food or drinks.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: