Sep 23

“The cat distracted me while the dog stole my lunch from the table. They were in cahoots this whole time!” 「猫に気を取られている隙に犬がテーブルの上からランチを盗んだ。実は協力してたんだな!」

“He reported it to the police, but the police chief was in cahoots with the gang.” 「警察に報告しましたが、警察署長はマフィアと協力関係にありました。」

“The man who distracted me while my wallet was stolen turned out to be in cahoots with the pickpocket!” 「財布盗まれたときに気をひいていた男性は結局スリと協力していたんだ!」

二人以上が秘密に協力をしているときはin cahootsと言えます。普段は悪いことをする目標の場合に使います。

If two (or more) people are “in cahoots”, they cooperate in secret, usually to do something bad.

Tagged with:
Sep 16

“You can lead a horse to water, but you can’t make him drink.” 「馬を水まで導くことはできても、水を飲ませることはできない。」

するべきことを知っていても、人にそれをさせることはできません。問題の解決法を確実に知っているのに、言うことをきいてくれない、というときにこの表現を使います。馬が水を飲まないといけないことが分かっています。馬に水がどこにあるかを見せることはできます。でも無理やり馬に水を飲ませることはできません。良いアドバイスを伝えることができても、それを実行させることはできません。

You can’t make people do what you want, even if you know what’s best. When you’re sure you know how to solve a problem, but people won’t listen to you, you might use this expression. You know the horse needs water, and you can show the horse where the water is, but there’s no way to force the horse to drink the water. You can give people good advice, but you can’t make them follow your advice.

Tagged with:
Sep 16

“You kids just stay put while I buy the popcorn.” 「私がポップコーンを買ってくるから子供たちはここにいなさい。」

“I’ll bring lunch in here for you. You can stay put.” 「ランチはこちらに持ってくるからここで待っていて。」

“When you’re lost in the woods, you should stay put and wait to be found.” 「森で迷子になったら移動せずに見つかるのを待つのが一番です。」

今いるところから移動しない、動かないようにと指示するときにstay putという言葉がつかえます。誰かによってここにおかれた(put)なのでここにいるべき、みたいな言い方に聞こえます。

We can use “stay put” to tell someone to stay where they are and not go anywhere, or not move. It sounds like somebody put them there, wherever they are, and they should stay there.

Tagged with:
Sep 02

“I just asked her to pick up her socks. Why is she so upset?” 「靴下を片付けてと頼んだだけなのになんでそんなに怒った?」

“She’s under a lot of stress at school. It must have been the straw that broke the camel’s back.” 「今学校でストレスを感じてるから、それで堪忍袋の緒が切れたのだろう。」

ラクダはたくさんの欲し草を運ぶことができます。でも無限ではないので多すぎると感じる限界があります。少し追加したことで「重いけどまだいける」と思っていたレベルから「ダメだ、もうどうにもならない」と感じるレベルになってしまう事があります。ラクダがたくさんの欲し草を運んでいますがなんとかなりそうです。そこであと一本の欲し草を乗せました。するとラクダには重すぎたようです。

A camel can carry a lot of straw. But some amount of straw is too much. Sometimes a small thing can take us from a large amount (that we can still handle) to too much (and we can’t handle it). The camel is carrying a heavy load of straw, but it’s okay. Then you add one more piece of straw, and it’s too heavy for the camel.

Tagged with:
Aug 27

9月1日~10月31日にご入会で入会金が無料になります!

この機会に是非お待ちしております。

お問い合わせはこちらから!

Tagged with:
Aug 26

“The wind was blowing so hard, I held on to the fence for dear life!” 「風があまりにも強くて必死に柵を掴んだ。」

ドラマチックなストーリーでfor dear life(愛おしい命のため)という表現を聞くことがあります。命の危険にさらされていた、もしくはそう思った時に使います。生き残るために何かをとても頑張ったという意味です。ほとんどの場合は何かを掴む動作に使うみたいです。

You might hear the phrase “for dear life” in a dramatic story. We usually use it to say someone was in life-threatening danger, or at least thought they were! They tried very hard at something in order to survive. It seems to be most often used when describing holding onto something.

Tagged with:
Aug 05

“A stitch in time saves nine!” 「今のひと縫いは後の9縫い」

裁縫しているとき、針と糸で布を縫います。それでスティッチ(縫い、縫い目、ひと針)を作ります。シャツに小さな穴が開いたと想像しましょう。今ならひと縫いだけで綻びを直せます。でも時間をおくと大きくなって、より多くのスティッチが必要になります。この言い回しは早めの1つであとの9つが必要なくなるということわざの由来です。問題が大きくなる前に解決しましょう。

When sewing, you use a needle to pull thread through cloth, creating stitches. Imagine you have a very small hole in your shirt. You can sew it closed now with just one stitch. But if you wait, it might get bigger, and you will have to use more stitches to close it. We say that a stitch in time saves nine (nine more stitches) to mean that it’s better to solve problems before they get big.

Tagged with:
Aug 05
8月6日(木)~8月19日(水)の間は、レッスン並びに受付業務はお休みとなっております。
レッスンのご予約・ご変更は20日(木)以降にご連絡ください。
無料体験レッスンのご予約や新規お問合せはこちらの問い合わせフォームからご連絡ください。
Tagged with:
Jul 29

“You shouldn’t greet the teacher by saying, ‘What’s up?’ on the first day of school. You might come off as rude.” 「学校の初日に先生にWhat’s up?と挨拶するのはやめておこう。失礼な印象を与えてしまうかもしれない。」

「Come off as~」は「~の印象を与える」という使い方をします。その印象が間違っている場合もあります。例えば、聞こえなかったから挨拶に返事しなかったときでも失礼だと思われる事があります。別に失礼なことはしていませんが、どうしてそのような印象を受けたかは納得できます。

If you “come off” a certain way, you give that impression to others. Sometimes the impression might be wrong. For example, you might “come off as rude” by not answering someone’s greeting when you didn’t hear them. You weren’t being rude, but you can understand why they thought so.

Tagged with:
Jul 22

“The negotiations weren’t going well. Whenever we took one step forward, we’d immediately take two steps back.” 「交渉がうまくいかず、一歩進んでもすぐに二歩下がるという状態でした。」

“When you learn enough to realize how much you still don’t know, it can feel like one step forward and two steps back.” 「まだ知らないことがどれくらいあるかわかるほどの知識を身に付けても、一歩進んで二歩下がったような気分になるかもしれません。」

「One step forward, two steps back(一歩進んで二歩下がる)」とは、前進が難しく問題が次から次へと生じる状態のことです。目標に向かって道を進んでいると想像してください。ただし、一歩進んでもまた二歩を下がらねばいけません。悔しいでしょう!

“One step forward, two steps back” describes a situation in which progress is very difficult and new problems keep arising. Imagine walking along a path toward a goal, but after taking one step forward, you must back up two steps. It’s very frustrating!

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: