Jan 14

平素はレッスンをご受講頂きありがとうございます。

1月14日より大阪・京都・兵庫に緊急事態宣言が発令されました。

モダンイングリッシュでは引き続き、感染拡大防止対策を徹底の上、これまで通り対面レッスンを継続致します。

詳しくはこちらまで。

Tagged with:
Jan 13

“Don’t give up! I know you can do it!” 「諦めるな!君ならできる!」

“For my New Year’s resolution, I decided to give up beer.” 「新年の目標はお酒をやめることです。」

Give upにはいくつかの意味があります。目的語がない場合は、諦める、成功する気がしないから試みるのをやめてしまうことです。

“Give up” can have a couple different meanings. Without any object, it means to stop trying, usually because something seems hopeless.

趣味や食べ物をやめるときにも使えます。健康のためにタバコなどを止める時や怪我のためにサッカーをやめるという時に使えます。

We can also use “give up” to say we’re quitting something, such as a hobby or food. Sometimes this is something we do for our health, like giving up smoking. Sometimes it’s for other reasons, like giving up soccer after an injury.

Tagged with:
Jan 06

“I know I lied to you in the past, but I’ve turned over a new leaf. You can believe me this time.” 「前に嘘をついたことを承知していますが、私はもう変わりました。今回は信じて大丈夫です。」

年明けにはこれからは今までと違うようにする、自分を変えると決める人が多くいます。自分の生き方を大きく変えたら「turned over a new leaf」というフレーズ江表現できます。このフレーズのleafは葉っぱではなく本のページです。自分の人生という本を書いていると想像してください。前のチャプターと違う新しいチャプターを始めるときはページをめくって新しい真っ白のページに向かいます。

At the beginning of the year, many people decide to make a change, and do things differently from now on. If you make a big change in your behavior, we say you’ve “turned over a new leaf.” The leaf in this phrase is not a leaf from a tree, but a page in a book. Imagine you are writing a book that is your life. When you start a new chapter, different from the chapter before, you turn to a new, blank page.

Tagged with:
Dec 16

12/23(水)~1/5(火)の間はレッスン並びに受付業務はお休みとなっております。

レッスンのご予約/変更は生徒様専用ページで可能です。その他お問い合わせは6日(水)以降にご連絡ください。

無料体験レッスンのご予約、新規お問い合わせはこちらの問い合わせフォームからご連絡ください。

Tagged with:
Dec 16

“This plan is a no-go.” 「この計画はダメだ。」

“This area is a no-go zone.” 「この場所は立ち入り禁止だ。」

No-goときいたらスペースシャトルの発射前のチェックを思い出します。みながgoと答えたらすべてのシステムは発射準備OKです。でもそれより前からあった言葉です。行ってはいけない場所や無理な状況のことを言います。

The phrase “no-go” brings to mind the “go/no-go” check used when launching space shuttles. If everyone answers “go” then all the systems are ready for launch. But the phrase is older, referring to places where you aren’t allowed to go or a situation that doesn’t work.

Tagged with:
Dec 09

“This project is going down to the wire.” 「このプロジェクトはぎりぎりになりそう。」

“This year’s election really went down to the wire.” 「今年の当選は最後まで結果わからなかったね。」

Wire(針金)は競馬でフィニッシュラインに張ります。どの馬が一番にゴールしたか判断するのに使います。とてもきわどい競争ではワイヤーに到達するまで結果がわかりません。このイディオムは、「ぎりぎりまで結果がわからない」ことを表現したい時に使えます。(プロジェクトは時間内にできるか、選挙で誰が勝つかなど)。

A wire is stretched across the finish line in a horse race. It’s used to measure which horse crossed the finish line first. In a very close race, we don’t know the result until the horses reach the wire. We can use this idiom to describe something when we won’t know the outcome (Will the project be a success? Who will win the election?) until the very last second.

Tagged with:
Dec 02

“If you own up to breaking the neighbors’ window and offer to pay for it, I’m sure they won’t be angry.” 「隣さんの窓を割れてしまったことを認めて弁償すれば、きっと怒ったりしないよ。」

悪いことをしたら、それを認めるのが一番よい場合が多いです。良くない行動を自分がしたと名乗りだすことはown up toと言います。テストでカンニングしたなど、わざとしたことなら罰はあるでしょうが、嘘がバレてしまったときより自分で認めたほうが先生の信頼を保つ確率が高いです。

When you’ve done something bad, it’s often best to admit your mistake. To come forward and accept responsibility for an action that turned out badly is to “own up to” it. If it was a deliberate action, like cheating on a test, you will still face consequences, but you have a better chance of keeping the teacher’s respect than if you lie and get caught.

Tagged with:
Nov 25

“Of course, I couldn’t speak fluently right off the bat. It took a lot of study.” 「もちろん、最初めから流暢に喋られたわけではありません。たくさん勉強したからです。」

Off the batとは「すぐに」「最初から」の意味です。ベースボールやクリケット、選手がバットでボールを打つゲームを想像してみて下さい。他のプレイヤーはボールをキャッチするために走ったり、次のベースに向かったり、すぐに反応しないといけません。ボールがどの方向に飛んでいくかがわからないので、バットにボールがあたるまでは反応できません(それもボールを打つのに成功すればの話です)。ボールが飛んでいく瞬間がすべての始まりです。

“Off the bat” means “immediately” or “at the very beginning”. Think of baseball or cricket, sports where a player hits a ball with a bat. The other players must react quickly, running to catch the ball or get to the next base. They can’t react before the bat hits the ball, because they don’t know which direction it will go (if the player even hits the ball). The instant when the ball goes flying is the start of the action.

Tagged with:
Nov 18

“Is everybody on board the boat?” 「みんなボートに乗った?」

“All aboard!” 「みんな乗って!」

船に乗っている人はon boardかaboardと言います。

If someone is on a boat, we say they’re “on board” or “aboard”.

“I’m on board with that plan.” 「その計画に賛成だ。」

「賛成」という意味でも同じ単語を使います!

We can also use “on board” to mean “in agreement”!

Tagged with:
Nov 11

“Into every life, a little rain must fall.” 「どの人生でも多少雨が降らないといけません。」

「Into every life some rain must fall」は1800年代にアメリカ人の詩人ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローによって書かれた詩の一節です。この有名な言葉は、誰にでも悪いことが起こるという意味でよく使われています。誰だってHappy続きの人生は送れません。もちろん、雨よりお天気が多い方を願いますけどね。

“Into every life some rain must fall” is a famous line written by Henry Wadsworth Longfellow, an American poet, in the 1800s. The phrase has become well-known and is used to say that bad things happen to everyone sometimes; nobody’s life is all happiness. Of course, we hope to have more sunshine than rain.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: