Nov 24

“You have no business being in my room, Billy! I’m going to tell Mom!” 「もう、ビリー、部屋に入ってこないでよ!お母さんに言うから!」

“Your coworker has no business asking you for your password.” 「同僚があなたにあなたのパスワードを聞く理由はありません。」

You have no businessとはそれをするべきではないということです。「する必要な状況にないということは」許されていない行為です。

If you have no business doing something, it’s something you should never do. There’s no circumstance in which you should need to do this, and it isn’t allowed.

Tagged with:
Nov 17

“What a great performance! Give it up for our school band!” 「いい演奏だったね!吹奏楽部に拍手!」

誰かに「give it up」と頼まれたらそれは拍手してほしいという意味です。「It」は拍手や応援のことを指します。アメリカでは芸能人やパフォーマーを紹介しているときや演奏に感謝を表しているときによく使うフレーズです。

When someone asks you to “give it up for” someone, they want you to clap for them. “It” refers to your applause or cheers. This phrase is commonly used in the U.S. when introducing or congratulating a performer.

Tagged with:
Nov 10

“Ouch! That smarts!” 「痛い!」

「That smarts!」と聞こえたら「頭がいい」と言っていると思います?実は動詞のsmartは痛むという意味で使われます。頭がいいという意味の形容詞のsmartよりも起源は古いかもしれません!ドイツ語の「痛む」と同じ由来で、それから「鋭い」という意味になってその後「頭がいい」という意味で使われるようになりました。

If you hear me say, “That smarts!” will you think I’m saying something is intelligent? “Smart” as a verb is another way to say “hurt”. This usage may be even older than “smart” as in “intelligent”! It came from the same root as the German word for “hurt”, and came to mean first “sharp” and then “intelligent”.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: