Mar 03

korienmar03Here is a joke.

 

Two men are talking. One says, “I know a man with a wooden leg named Smith.”

The other man says, “Really? What’s the name of his other leg?”

 

The first man’s sentence is normally understood to mean he knows a man named Smith, and Smith has a wooden leg. However, the second man understood that the leg’s name is Smith. The second man isn’t necessarily wrong!

 

今週はジョークを紹介します。

 

二人の男が話している。一人が「スミスと言う義足をした男を知っている」と言う。

もう一人はこう答える:「そう?もう一本の足の名前は何という?」

 

一人目の男の文は普通に考えると、スミスという人を知っていて、その人には義足があります。となりますが、二人目の男は、義足にスミスと言う名前があると受け取りました。別に二人目の男が間違っているとは限りません!

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.

preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: