Dec 16

“This plan is a no-go.” 「この計画はダメだ。」

“This area is a no-go zone.” 「この場所は立ち入り禁止だ。」

No-goときいたらスペースシャトルの発射前のチェックを思い出します。みながgoと答えたらすべてのシステムは発射準備OKです。でもそれより前からあった言葉です。行ってはいけない場所や無理な状況のことを言います。

The phrase “no-go” brings to mind the “go/no-go” check used when launching space shuttles. If everyone answers “go” then all the systems are ready for launch. But the phrase is older, referring to places where you aren’t allowed to go or a situation that doesn’t work.

Tagged with:
Dec 09

“This project is going down to the wire.” 「このプロジェクトはぎりぎりになりそう。」

“This year’s election really went down to the wire.” 「今年の当選は最後まで結果わからなかったね。」

Wire(針金)は競馬でフィニッシュラインに張ります。どの馬が一番にゴールしたか判断するのに使います。とてもきわどい競争ではワイヤーに到達するまで結果がわかりません。このイディオムは、「ぎりぎりまで結果がわからない」ことを表現したい時に使えます。(プロジェクトは時間内にできるか、選挙で誰が勝つかなど)。

A wire is stretched across the finish line in a horse race. It’s used to measure which horse crossed the finish line first. In a very close race, we don’t know the result until the horses reach the wire. We can use this idiom to describe something when we won’t know the outcome (Will the project be a success? Who will win the election?) until the very last second.

Tagged with:
Dec 02

“If you own up to breaking the neighbors’ window and offer to pay for it, I’m sure they won’t be angry.” 「隣さんの窓を割れてしまったことを認めて弁償すれば、きっと怒ったりしないよ。」

悪いことをしたら、それを認めるのが一番よい場合が多いです。良くない行動を自分がしたと名乗りだすことはown up toと言います。テストでカンニングしたなど、わざとしたことなら罰はあるでしょうが、嘘がバレてしまったときより自分で認めたほうが先生の信頼を保つ確率が高いです。

When you’ve done something bad, it’s often best to admit your mistake. To come forward and accept responsibility for an action that turned out badly is to “own up to” it. If it was a deliberate action, like cheating on a test, you will still face consequences, but you have a better chance of keeping the teacher’s respect than if you lie and get caught.

Tagged with:
Nov 25

“Of course, I couldn’t speak fluently right off the bat. It took a lot of study.” 「もちろん、最初めから流暢に喋られたわけではありません。たくさん勉強したからです。」

Off the batとは「すぐに」「最初から」の意味です。ベースボールやクリケット、選手がバットでボールを打つゲームを想像してみて下さい。他のプレイヤーはボールをキャッチするために走ったり、次のベースに向かったり、すぐに反応しないといけません。ボールがどの方向に飛んでいくかがわからないので、バットにボールがあたるまでは反応できません(それもボールを打つのに成功すればの話です)。ボールが飛んでいく瞬間がすべての始まりです。

“Off the bat” means “immediately” or “at the very beginning”. Think of baseball or cricket, sports where a player hits a ball with a bat. The other players must react quickly, running to catch the ball or get to the next base. They can’t react before the bat hits the ball, because they don’t know which direction it will go (if the player even hits the ball). The instant when the ball goes flying is the start of the action.

Tagged with:
Nov 18

“Is everybody on board the boat?” 「みんなボートに乗った?」

“All aboard!” 「みんな乗って!」

船に乗っている人はon boardかaboardと言います。

If someone is on a boat, we say they’re “on board” or “aboard”.

“I’m on board with that plan.” 「その計画に賛成だ。」

「賛成」という意味でも同じ単語を使います!

We can also use “on board” to mean “in agreement”!

Tagged with:
Nov 11

“Into every life, a little rain must fall.” 「どの人生でも多少雨が降らないといけません。」

「Into every life some rain must fall」は1800年代にアメリカ人の詩人ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローによって書かれた詩の一節です。この有名な言葉は、誰にでも悪いことが起こるという意味でよく使われています。誰だってHappy続きの人生は送れません。もちろん、雨よりお天気が多い方を願いますけどね。

“Into every life some rain must fall” is a famous line written by Henry Wadsworth Longfellow, an American poet, in the 1800s. The phrase has become well-known and is used to say that bad things happen to everyone sometimes; nobody’s life is all happiness. Of course, we hope to have more sunshine than rain.

Tagged with:
Nov 04

“I just happened to look up at the moment he walked by.” 「たまたま彼が通り過ぎる瞬間に見上げた。」

“Oh, so you just happened to be in the kitchen at the time the cookies went missing?” 「では、クッキーが消えた時点に台所にあなたがいたのが偶然だというの?」

完全に偶然だと示すために動詞の前にjust happened toをつけます。その瞬間に見上げた理由はまったくありません。偶然にそうなっただけです。

We use “just happened to” before a verb to show that something was a complete coincidence. There was no reason that I looked up at that moment. It just happened that way by chance.

Tagged with:
Oct 28

“A bird in the hand is worth two in the bush.” 「手中にある一羽は芝生にいる二羽の鳥と同じ価値。」

野鳥を捕まえることは難しいです。一羽でも捕まえたなら上出来です。まだ芝生にたくさんの鳥がいて、すべてを捕まえることは不可能かもしれません。同時にあと二羽を捕まえようとすると、手の中にいる一羽を逃がしてしまうかもしれません。「a bird in the hand」というフレーズで、高く望みすぎて既にできたことを台無しにしないようにという忠告です。

It’s hard to catch a wild bird. If you’ve already caught one bird, you’ve done a pretty good job. There are many more birds out there, but it might not be possible to catch them all. If you try to catch two more birds at once, you might let the bird you have caught escape. We say “a bird in the hand is worth two in the bush” to warn against being too ambitious and undoing the progress you’ve made.

Tagged with:
Oct 21

“I’m in the mood for pizza tonight. Let’s order delivery.” 「今日はピザが食べたい気分。デリバリーで注文しよう。」

“I’m not in the mood for an action movie. Can we watch something else?” 「今はアクション映画を観る気分じゃないから別のものにしていいか?」

アクション映画が大好きだけど今日はなんだかそんな気分ではない。もしくは、アクション映画が苦手であまり観ない、そして今日は苦手なものに挑戦する気分ではない。どちらの場合でも「I’m not in the mood」と言って伝えることができます。

Maybe you like action movies, but you just don’t feel like watching an action movie today. Or maybe you don’t like action movies that much and only watch them occasionally, and today is not one of those occasions. Either way you can express this by saying you’re “not in the mood” for an action movie.

Tagged with:
Oct 14

“They had a lot to catch up on. They were talking up a storm all evening.” 「久しぶりに会って、ディナーの時間中ずっとしゃべり通していた。」

“I think she’s really sick. She was coughing up a storm.” 「彼女は重い病気だと思う。いっぱい咳をしていた。」

“I thought he would be shy, but he danced up a storm at the party.” 「彼はシャイだと思ったけどパーティーでは踊りまくっていた。」

動詞の後にup a stormをつけると、「何かをたくさんした」「勢いよくした」と表現することができます。

You can add “up a storm” after different verbs to say someone did something a lot, or with great enthusiasm.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: