Feb 16

“I thought they would stay in New York forever, but they up and moved to California.” 「もう一生ニューヨークに住むだろうと思っていたら、急にカリフォルニアに引っ越してしまった。」

“I didn’t even know he had a girlfriend, and then he up and got married.” 「彼にガールフレンドがいるとさえ知らなかったのに急に結婚したんだよね。」

インフォーマルに喋る時、動詞の前に「up and」をつけることがあります。これは「急に」というように行動が急で予想外だったと言いたい時に使います。

Sometimes, in informal speech, people add “up and” before a verb to show that the action was sudden and unexpected.

Tagged with:
Feb 09

“If you cancel the whole vacation because the kids got bad grades, aren’t you just cutting off your nose to spite your face? You were looking forward to that vacation!” 「子供たちの成績が悪かったからって旅行をキャンセルするのは、腹立ちまぎれにやってるだけじゃない?あなただって楽しみにしていたじゃない!」

「Cut off your nose to spite your face」は、誰かを罰するために何かをして、それが結局自分の痛手にもなってしまうということです。たとえば、約束したのに皿洗いをしない夫にうんざりして、自分も皿洗いをやめるとします。でも汚れた皿が残っていると、彼に苛立つよりより自分が汚い皿で困ってしまいます!

Tagged with:
Feb 02

“In spite of the bad weather, we had a good time.” 「悪い天気はともかく、楽しい時間を過ごした。」

In spite ofやdespiteは期待するような効果がなかったことを表します。天気が悪かったから出かけても楽しくなかったと思うのは無理もないですが、実は雨が降ってもとても楽しかったです!

“In spite of” or “despite” are used to say that something didn’t have the effect you might expect. You might think our outing was not fun because the weather was so bad, but actually, we had a good time even though it rained!

良い結果とは限りません:週末中勉強したにもかかわらず、テストで赤点をとってしまった。

The outcome doesn’t have to be positive: “In spite of studying all weekend, he still failed the test.”

Tagged with:
Jan 26

“We worked so hard on this project, and you didn’t turn it in on time! You really dropped the ball.” 「あんなに頑張ったプロジェクトなのにあなたが時間通りに提出しなかった!ヘマをやってくれたな。」

誰かが大きなミスをした、するはずのことをしなかったときに「they really dropped the ball」と言います。このスポーツを使ったメタファーは1950年あたりから使われています。他の人ががっかりしたり、迷惑する、無責任なミスによく使います。

If someone makes a bad mistake, or doesn’t do something they were supposed to do, we can say they really dropped the ball. This sports metaphor has been used since about 1950. We often use it when other people have been disappointed or let down by an irresponsible mistake.

Tagged with:
Jan 19

“She loves Santa so much. I just didn’t have the heart to tell her that the presents really come from her parents.” 「彼女があまりにもサンタのこと大好きだから、本当は親がプレゼントを用意しているってどうしても言えなかった。」

“I don’t have space for all these paintings my grandmother made, but I just don’t have the heart to get rid of them.” 「お祖母ちゃんが描いた絵を置く場所はないんだけど、捨てるのはあまりにも心が痛む。」

I didn’t have the heart to do itとはつまり罪悪感でできなかったという意味です。必要なことですが誰かを傷つけてしまうような、心が痛むような行為によく使います。

When you couldn’t do something because you felt bad about it, you can say that you “didn’t have the heart to” do it. This phrase is often used for actions that may be necessary but could also hurt someone.

Tagged with:
Jan 12

“He tried to say he didn’t do it, but they caught him with his hand in the cookie jar.” 「やってないと言い張ったがクッキー・ジャーに手を突っ込んだまま見つかってしまった。」

お母さんにクッキーをおねだりする子供を想像してください。お母さんはダメと言いますが、それでも台所に行ってジャーからクッキーを取ります。高い棚のクッキー・ジャーからクッキーを取ろうとする子供というのがアメリカではよくある例えです。どんな犯罪のメタファーにでも使えます。

Imagine you are a child asking your mother if you can have a cookie. She says no, but you go to the kitchen and take a cookie from the cookie jar anyway. A child trying to get a cookie from a jar on a high shelf is a well-known image in the USA, used as a metaphor for any kind of crime.

Tagged with:
Dec 22

“Let’s stop at a café and get lunch on the way to the movies.” 「映画館に行く途中はカフェでランチ食べましょう。」

“Sounds like a plan.” 「いい提案だ。」

何か提案して「Sounds like a plan」と返事がきたらそれは相手が賛成しているという事です。計画(plan)はないよりあるほうがいいです。普段は「Sounds good」や「Let’s do that」と同じような使い方をするフレーズですが、うまくいかなかった場合は「we didn’t say it sounded like a good plan」とも言えます!

If you suggest something and your friend answers, “Sounds like a plan,” they are agreeing with your suggestion. Something that sounds like a plan is better than no plan at all. Usually we use this phrase in the same way as “Sounds good” or “Let’s do that.” But if by some chance things go badly, well, we didn’t say it sounded like a good plan!

Tagged with:
Dec 17

息抜きに親子でちょっとお出かけしませんか?本場の英語に触れ合うチャンス!
ネイティブ講師と一緒に遊びながら楽しくレッスン。
英語教育?早期教育?そんな難しいことは考えなくて大丈夫!気軽にネイティブの英語を聞かせてあげて下さい。英語を自然に感じられるうちにお試しください。


まずは、ワンコイン(500円)で始めましょう。


☆第3水曜日は英語の日☆

◆第3水曜(毎月) 10:30~(30分) モダンイングリッシュ香里園校3Fの教室でお待ちしております。

◆対象年齢: 10ヶ月~幼稚園入園前※定員は8名となっております。念の為、事前にご予約下さいね。

次回は1/19(水)!

ご予約はコチラまで→ [email protected] または 0120-545-109

Tagged with:
Dec 15

“I’m going to ask Julie to the dance.” 「ジュリーをダンスに誘うんだ。」

“You think Julie will go to the dance with you? Dream on!” 「ジュリーがあなたとダンスに行くとでも思っているのか?あるはずがない。」

Dream onの文字通りの意味は「夢を見続けなさい」ですが、本当の意味は誰かが思っていることが非現実的だということです。ジュリーが一緒にダンスに行ってくれると思っているならそれは現実では起こりえない夢みたいな話だから、他にも不可能な夢を見たらどうですか?

“Dream on” literally means “continue dreaming”, but its real meaning is that someone’s expectations are unrealistic. If you think Julie will go to the dance with you, that won’t happen in reality, so you might as well keep dreaming about other impossible things.

Tagged with:
Dec 10

12/23(木)~1/5(水)の間はレッスン並びに受付業務はお休みとなっております。

レッスンのご予約/変更は生徒様専用ページで可能です。その他お問い合わせは6日(木)以降にご連絡ください。

無料体験レッスンのご予約、新規お問い合わせはこちらの問い合わせフォームからご連絡ください。

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: