Mar 04

“If I may go out on a limb, I would say it’s possible he’s lying.” 「嫌な事を言うけれど、彼が嘘をついているという可能性があります。」

枝の上に出るというイディオムは、聞いている人が怒りそうなことを言うことです。木の枝の上で幹から離れてもっと細いところまでいきます。折れて落ちてしまうリスクがあります。

When you “go out on a limb” you say something that you expect people might not like. The image is of climbing out on the branch (limb) of a tree, away from the trunk, where the branch is thinner. It could break and drop you.

Tagged with:
Feb 19

“Maybe she’ll follow in his father’s footsteps and become a musician.” 「お父さんと同じように音楽家になるかしら。」

誰かと同じ道に進んだら「followed in their footsteps」というフレーズで表現します。あるキャリアを持つ、遠いところへ行くなど大きなことに使うフレーズです。自分の家族、芸術家、有名人など自分があこがれる人と同じ道をむかもしれませんね。

If you do the same thing as someone, we can say you “followed in their footsteps”. This phrase is usually used for large things like a career or travel to a distant place. You might follow in the footsteps of an older family member or someone you admire, like an artist or famous person.

Tagged with:
Feb 05

“That Billy is so annoying! He really gets my goat.” 「あのビリーはすごくイラつくね!超むかつく!」

競走馬と一緒にヤギが飼われていることがあります。ヤギの存在が馬を落ち着かせます。馬に負けてほしい人が馬のお友達のヤギを盗むこともありえます。だから誰かにとてもイラついているとき、冷静でいられなくされてしまったとき、「ヤギを盗まれた」と表現することがあります。

Sometimes racehorses have goats as companions. The goat friend keeps the racehorse calm. If someone wanted a horse to lose a race, he might steal the horse’s goat friend. So when someone bothers us—they know just how to make us lose our cool—we can say they “get our goat”.

Tagged with:
Jan 22

“It bothers my wife when I fold down the corner of the page in a book to mark my place, but I just can’t seem to kick the habit.” 「しおりの代わりにページの角を折ると妻が怒るけど、どうしてもやめられないみたい。」

悪い癖をやめようとしますが、難しい事です。ずっとしているけどやめたいことがある。失敗した時には「can’t kick the habit」と言ったりします。成功したら「kicked the habit」と言います。タバコやお酒の話題が出た時によく使われるフレーズです。

People often try to give up bad habits, but it’s difficult. When you have been doing something for a long time and want to stop, if you fail, you might say that you “can’t kick the habit”. If you succeed, you “kicked the habit”. This phrase is often used with things like smoking cigarettes or drinking alcohol.

Tagged with:
Jan 09

“He seemed honest at first but soon I smelled a rat.” 「最初はまとめな人だと思ったけど怪しいにおいがしてきた。」

「smell a rat」とは、何かおかしなことがあったり、騙そうとしている何かがある時「怪しいと思う」という意味で使います。人や出来事が怪しく思えてきたとき、特にまだその理由がはっきりしないときに使うことがあります。

If you “smell a rat”, you start to think that there is some trickery or deception going on. You might use this phrase if a person or event seems suspicious, especially if you haven’t quite figured out why yet.

Tagged with:
Dec 11

“Was that an insult? Do you want a piece of me?” 「今なんて言った?喧嘩を売ってるのか?」

Do you want a piece of me?とはつまり、「喧嘩したいのか?」という意味です。言い方はなんだか喋るケーキが「一切れをどうぞ」と言っているような言い回しですが、本当は腹が立って喧嘩を買おうとしている台詞です。

“Do you want a piece of me?” means “Are you looking for a fight?” It sounds like a talking cake offering to share a piece of itself, but in fact, it’s something a person might say when insulted and angry.

Tagged with:
Nov 27

“I bought him some fancy cat food, but he just turned up his nose at it.” 「高い餌を買ってやったけど、食べなかった。」

“I try to feed my kids healthy, but they always turn up their noses at vegetables.” 「子供たちに健康的な食べ物をと思っているけれど、野菜を食べようとしない。」

「turn up your nose at~」とは何かを拒絶することを意味します。特に自分にふさわしくないと思うものに対して。

To “turn up your nose at” something is to reject it, especially because you think it’s not good enough for you.

Tagged with:
Nov 13

“Any chef worth his salt can make that.” 「シェフと呼ぶにふさわしいシェフならそれが作れるのが当たり前。」

“You’re lactose intolerant? Don’t worry. Any café worth its salt has soymilk nowadays.” 「乳糖不耐症なの?心配ない。最近ではちゃんとしたカフェは豆乳を置いているよ。」

「worth your salt」とは自分の仕事をしっかりとできるということです。それが作れないならシェフとしてはダメだ。最低限の条件に達していないカフェはダメなカフェだと私は思います。。

To be “worth your salt” is to be basically competent at your job. If a chef can’t make that, he’s a very bad chef. If a café doesn’t meet my basic requirements, I think it’s a bad café.

Tagged with:
Oct 30

“You liked the movie?” 「映画は気に入った?」

“It was out of this world!” 「すごかった!」

“You have to try this new cookie recipe I found. It’s out of this world!” 「すっごくおいしいクッキーのレシピを見つけた!ぜひためしてみて!」

Out of this worldとはすごく良い・かっこいいものを表すフレーズです。宇宙を指しているように聞こえますので、ジョークや言葉遊びなどにも使えます。

“Out of this world” is a phrase that describes something very good and cool. It sounds like it means something is in outer space, so it’s good for puns and wordplay.

Tagged with:
Oct 16

“He said you had to pay a fee to get the money? That’s the oldest trick in the book!” 「お金を受けとるのにお金を払いなさいと言った?そんなの詐欺だとバレバレだよ!」

「本の中の一番古いたくらみ」とはだれかをだます策略で、よく知られているからばれやすいはずのものです。このフレーズはだまそうとしている相手にだまされないと言うときや、知り合いが簡単にだまされてしまったときに使うことがあります。

“The oldest trick in the book” is a strategy to deceive someone, that is well-known and should be easy to spot. This phrase is often used to tell someone we’ve noticed their trick and are not going to fall for it, or to tell someone they shouldn’t have fallen for a trick.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: