Jun 23

“I can’t believe I forgot my lines in the school play. I’ll never live this down!” 「学校の劇で台詞忘れたなんて最悪!一生忘れられないだろうな。」

恥ずかしいことが起きたとき、周りの人から一生からかわれるんじゃないかと心配になることがあります。I’ll never live this down!やHow can I live this down?と嘆きます。ほとんどの場合、少し時間がたったら皆忘れてくれますが、その出来事の後はやはり不安になるかもしれません。この表現でその不安を表せます。

If something embarrassing happens to you, you might be afraid that people will tease you about it for the rest of your life. You might say, “I’ll never live this down!” or, “How can I live this down?” Usually people will forget about the incident after a while, but you might feel very anxious at the time. You can express it with this phrase.

Tagged with:
Jun 09

“You won’t get away with this!” 「これはただじゃおかないぞ!」

“I can’t believe he got away with that!” 「よくそんなことして罰を受けなかった!」

銀行からお金を盗んだら、そのお金を持って現場から逃げないといけません。それに成功したら、お金をもって逃げた(got away with the money)と言えます。この表現は盗みだけではなく罰せられなかった犯罪や悪いことにも使えます。嘘をついて誰にも知られなかった、子供が妹にひどいことを言ったが怒られなかった、という場合などにも使えます。

If you steal money from a bank, you have to escape from the scene of the crime and take the money with you. If you succeed, you can say you “got away with” the money. But this phrase can be used for any crime or bad behavior that isn’t punished. If someone tells a lie, but no one ever finds out that it was a lie, that person “got away with” lying. If a child says something mean to his sister, but nobody scolds him, he “got away with” that too.

Tagged with:
May 26

“Everyone calm down, please. This is getting out of hand!” 「みな落ち着いて頂戴。もう騒ぎすぎなんだから!」

Out of handなことは、制御が効かなくなっていることです。言うことを聞かない子供、騒がしくなったパーティー、ダメな方向に進んでしまった計画、問題を起こしそうなほどの悪い癖に使える表現です。

When something is out of hand, it’s out of control and too wild. This phrase can describe unruly children, a party that got too loud, a plan that went wrong, or a bad habit that is starting to cause problems.

Tagged with:
Apr 28

“I don’t care where we go for dinner. It’s up to you.” 「晩御飯はどこでもいいから君に任せるよ。」

判断がup to youなら、好きに選んでいいです。どの映画をみても構わないという友達と一緒に映画館に行ったら、どの映画をみるかはあなた次第です。

If a choice is “up to you” you can decide yourself. If you go to the movies with a friend who doesn’t care which movie you see, the choice of movies will be “up to you”.

“I can give you the notes from class, but it’s up to you to learn the material and pass the test.” 「授業のノートはあげれるけど、覚えてテストに合格するのは君次第だ。」

自分にしかできないことにもup to youという表現を使う事ができます。合格すること、新しいスキルを身につけるのは簡単なことではありませんが、誰かが変わりにできることでもありません。助けてもらうことはあっても最後は「君次第」です。

Something that only you can make happen is also “up to you”. It may not be easy to pass a class or learn a new skill, but nobody else can do it for you. People may be able to help you, but in the end it’s “up to you”.

Tagged with:
Apr 14

“Don’t go easy on me. If I win, I want it to be a fair match!” 「手加減するなよ!勝つなら正々堂々勝ちたい!」

“Go easy on your cousin. He’s only a little kid.” 「従弟に手加減してね。まだ小さいから。」

誰かに「go easy」するとは、その人にきつく当たらない、難しい課題を与えないということです。あまり叱らない、大きな罰を与えないことや、ゲームやスポーツでは手加減をすることを表します。

If you “go easy on” someone, you don’t make things difficult for them. This could mean that you don’t punish them harshly, or that you let them win in a sport or game.

Tagged with:
Mar 24

“Another day, another dollar.” 「もう一日、もう一ドル。」

朝仕事に向かって行くときにこのフレーズを使うことがあります。少ない給料のために毎日同じ仕事をしていて少し退屈しているという感情を含めていることが多いです。アメリカの19世紀の船乗りが実際一日一ドルのために働いていたときにできた表現だそうです。

You might hear someone say, “Another day, another dollar,” as they leave for work in the morning. This phrase usually means the speaker is feeling a little bored with doing the same job every day for a small amount of money. It is said that sailors in 19th century America started using this phrase, when they were actually paid one dollar per day.

Tagged with:
Mar 10

“Stop! Police!” 「とまれ!警察だ!」

“The jig is up! Run for it!” 「バレたんだ!逃げろ!」

“The jig is up! I know you’re a spy.” 「もうバレてしまった。あなたがスパイだとわかっています。」

「The jig is up」を一番よく聞くのはやはりテレビや映画の中で犯罪がバレたときでしょう。泥棒たちが何かを盗むための計画を立て、バレてしまいます。失敗したとわかったときにThe jig is up!と言います。他にも騙していたのがバレたときにも使えます。

You are most likely to hear “the jig is up” in a TV show or movie about a criminal heist. The criminals make a plan to steal something, but they are found out. When they realize the plan is a failure, they say, “The jig is up!” You can also use this phrase any time someone sees through a deception.

Tagged with:
Feb 24

“Nobody has set foot in this cave for hundreds of years.” 「この洞窟はな百年もだれも立ち入っていない。」

“I don’t think he’s ever set foot in a museum before.” 「彼は今まで美術館に入ったことすらないと思う。」

Set footとは場所に踏み入ることを表す表現です。部屋、建物、町、国でもいいです。文字通りではその地面を踏んで一歩でも入るという意味になります。

“Set foot” means to enter a place, such as a room, building, town or even a country. Literally, it means to put your foot on the floor or ground and take one step into the place.

Tagged with:
Feb 10

“I can’t play video games with you tonight. I’m taking Lisa out to dinner.” 「今夜は一緒にゲームができない。リサとデートなんだ。」

“But I need you to take out all the enemies while I get all the items!” 「でもお前に敵を皆やっつけてもらわないとアイテム一人占めできないもん!」

Take outにはいくつかの意味があります。レストランで食事を持ち帰るのもテイクアウトです。人をtake outするとはデートに連れていくということです。ただし戦場の敵に対して使う場合は殺したり戦闘不能にしたりするという意味になります。

“Take out” has many meanings. If you get takeout, you pick up food from a restaurant. If you take someone out, you take them on a date. Unless the person is your enemy on the battlefield—then taking them out would mean killing or disabling them.

Tagged with:
Jan 27

“If you don’t clean your room, you can just forget about going to the theme park this weekend!” 「部屋を片付けなければ週末のテーマパークに行くのははなしだからな!」

You can forget about it!を一番多く使うのは怒っている親かもしれませんが、怒っている上司も言うかもしれません:ノルマを達成できなかったら昇給は忘れろ!」親としてもマネジャーとしてもあまり良い方法ではありませんが、褒美などをなしにする!と脅すために使うフレーズです。

We probably most often hear “you can forget about it!” from angry parents, but you might hear it from an angry boss at work as well: “If you don’t meet your quota, you can forget about that raise!” It’s not the best example of parenting or management, but it’s used to threaten to take away something, often a reward.

Tagged with:
preload preload preload
Follow

Get every new post on this blog delivered to your Inbox.

Join other followers: